« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月30日 (日)

バリの風がふいた

バリの風がふいた

今日は荻窪にある「ミュージアム東京」でPlanetBambooの東京公演があった。一緒の写真はバリ島在住のリーダーでパーカッショニストのAlifさん。
私はプログラム最後の「GATHERLING」という曲にゲスト参加。この曲はアルバムの中でもバリ在住のミュージシャンがオーボエでレコーディングしていて、このサウンドをみつけた数年前からの、私のお気に入りの1曲でもある。
私が今夜、この素敵な空間で素敵な音楽の一部に参加できたのも、このPlanetBambooメンバーのmichiro-Uさんとバリで会った事がきっかけ。二年前のバリ、ウブドでの滞在中に運よくフェスティバルに参加していたこのグループを生で観れたんだ。あの時のウブドの夜風やその匂いや綺麗に黒い夜空…そんな事を思いだしながら今夜の音を聴いていた。
前回の公演を聴いたときにも感じた。「心が音で感じるって」こういう事だよな、って。そして、今夜、また感じる事ができた。忘れそうになってた事、気付かせてもらえた。心があるから人間なの。だから、私も誰かの心がちょっぴりゆれるよな音を奏でよう。心をこめて。今夜出会えた皆さんにありがとう☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

ライブレポ&マイウィークエンド

21(金)日暮里PORTOライブにお越し下さった皆様、ありがとうございました。

久々にホントに「ジャズ」を演ったなぁ、と感じた夜。そしてかなりの「チャレンジャー的編成」ボーカル(倉地恵子)ベース(山崎弘一)オーボエ(tomoca) 山崎さん曰く【自虐的編成】…なるほど。かなり的を得てる。 が、結構この自虐感がクセになりそうなんだ(笑)

コードレス…。怖い。見失ったら最後。あはは。ほとんど口頭だけの打ち合わせで出来あがっていく、というか、曲がスタートしたその瞬間から同時進行で音楽を即興で創りあげていくところにジャズの醍醐味がある。

この緊張感が楽しく感じられるようになるまでが苦しかった。でも、楽しくなってきたらもうやめられない。何かに似てないか?この感覚は…。人それぞれ違うよねぇ…みなさまの経験と想像にお任せします。

この週末は仕事がらみで箱根に行ってきました。もう秋なの?ってカンジで森からヒグラシがの声が聞こえてきた。かと思えば、明け方にはウグイスが「ほ~、ほけきょ」と鳴く。ウグイスって春に鳴くんじゃないの??意外と音楽以外の事は無知なんです。無知といえば、先日ボーカルの倉地さんと慶應の話題になり、初めて慶應幼稚舎が幼稚園ではない事を知りました。ビックリです。たぶん、アタシ以外にも今コレを読んで「へぇ~」と思った人はいるはず!いると信じたい。。。。

そんな訳でこの週末は温泉にも入ってプチリフレッシュ。しかし、梅雨明けが待ちどおしいね~。ぱぁ~っとハメをはずして遊んじゃいたいっすね、夏だし…(っていつまでも子供じみててゴメンナサイ・笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

夏先取り!

夏先取り!

昨日はとある音楽関係者の集まりに招待され、初めて屋形船に乗りました。
暮れゆく景色を眺めながら揚げたてのてんぷらを戴き風情たっぷり。

そして本日、日曜日は横浜馬車道近くのとあるレストランでプライベートライブの依頼を受け、ピアニストの橋本啓一サンとデュオで演奏♪
その後、近くの船着き場からプライベートの船に乗りクルージング。段々と陽も落ちてきて七時半〜の一時間、海上のベストスポットから6000発の花火を観ました。
ひとあし早く夏を満喫した二日間。
夏、といえばスイカ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

パパの古稀祝い

パパの古稀祝い

古稀は70歳の祝い。唐の詩人杜甫の作「曲江の詩」の「人生七十古来稀」にちなんだものといわれ、平均寿命の短かった昔には、文字どおり70歳まで生きる人は稀だった訳ね。

で、ウチのお父ちゃんは(タイトルにはパパと書いたが…歯が浮きそう)今月のちょうど梅雨が明ける頃に70回目の誕生日を迎える。少し早いけど、今夜は埼玉の実家に顔を出して古稀祝い。
が、しかし、未だ現役職人の父は明朝も四時半起きで現場に行くとの事で、10時には寝ちゃった(笑
普段明け方に寝る生活のアタシは眠れる筈もなく、両親が寝静まったあと、蚊とり線香と扇風機っていう日本の正しい夏様式な客間でガサゴソと小学生時代のアルバム見たり…。
父ちゃんにいちおう「70歳おめでとう」と言ったら「あと二週間くらいは60代だよ」と軽くすねる。カワイイぞ。「それにこんな歳まで仕事してるとは想像しなかったよ」と。でも、アタシは知ってる。口ではそう言ってても現場で働くのが大好きなんだよね☆
正月以来に帰って来た実家はダイニングやバスルームの壁がキレイに塗り替えられていた。もちろん、父の仕業。
とにかく怪我には気をつけて働いてくださ〜い。

写真は、スタートレックのカーク船長(だっけ?)ウチの父ちゃんこんな感じ(^o^;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

銀座スィングシティ初出演

7/11銀座スィングシティにお越しくださいました沢山のお客様、どうもありがとうございました!初出演、そして銀座の老舗ジャズクラブという事で、前日は少しナーバスになっていたのだけど、温かいお客様のおかげで良いプレイができました。例によってバタバタしてしまって当日の写真撮り忘れちゃった(^0^;  新曲満載な【Art of Music】でした☆ 

3セット目にはシンガーの奥土居美可さんhttp://www.prhythm.jp/mica/ が1曲セッションに参加してくれました。この日に初めてお会いしたのですが、名刺を頂いたときに「ん?どこかで見た名前…」と思っていたら、あの「人間なんてラララ」という大ヒットソングを歌っていた方でした。素敵な出会いになった一日。

初めてのお客様も沢山いたのですが、これからも皆さんに「音楽からのイマジネーション」を感じてもらえるよう、更にクオリティ高いステージを創っていきますのでご期待&注目&応援よろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

今夜のライブレポ

今夜のライブレポ

今夜は草加シュガーヒルでライブでした♪
10年前にオーボエを教えていた子(当時は高校生)や、その高校の卒業生の方も来てくれて、懐かしく楽しい夜になりました。
写真は、そのグループとアタシ。
今でもオーボエを続けて吹いていると聞いて、なんだか嬉しいな〜。
金曜日という事もありお店には沢山のお客さまがいらしてくれて、久しぶりのデュオだったけどテンション上がりました〜。皆様、ありがとございました☆

そうそう、ついに今夜、新しいオーボエがライブデビューしました。でも、やっぱりまだ楽器が100%鳴りきっていないし、まだ『新人』なのでアタシがリードしてあげなきゃダメって感じ。『アタシをリードしてくれる』んでなきゃ、満足できない。楽器もオトコも(^o^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »