« 9/24は六本木ソフトウィンドへ! | トップページ | 「ネオクラシック」新たなスタート »

2010年9月23日 (木)

ツツガナク

昨日は24日@六本木ソフトウィンドでのライブのリハーサルを。

今年から自然?発生的にスタートした「ネオ・クラシック」ライブ。実質の基本形は私tomocaとピアノ太宰百合さんのduo+その時により‘somebody‘という形式。今回はチェロの平山織絵さんとの初共演ということで、リハーサルを楽しみにしていたのだけど、とっても良い感じで、当日が非常に楽しみ。

リハ時の流行語は「恙無く(つつがなく」。

「ネオ・クラシック」というからにはクラシック的要素が含まれてこそ。もちろん、題材がクラシック曲であっても無くても、ある程度のアレンジ・構成・全体像は見えていたい。誤解を恐れず明確に言うならば「ジャズとの画一化」を図りたい意。しかし、アドリブの要素はもちろんゼロではないし、その場の(その日の、又はその場の)空気や雰囲気で変わる部分も多々ある。なおかつ、完全なる「書き譜」というのとも当然「画一化」を図りたい。どちらにも属さないが、どちらかオンリーではなく、かといってどちらがより素晴らしいとかそういう論争をするつもりもないし、したくはない。ただ『ネオ・クラシック』な良い音楽を時を皆さんと共有できるであろうということ。

ツツガナク運ばれる時間と音楽。

音楽とは時と共に流れ、時の中に音楽がある。

皆様のお越しをお待ちしています。

|

« 9/24は六本木ソフトウィンドへ! | トップページ | 「ネオクラシック」新たなスタート »

コメント

相変わらずのtomoca節、いつも読み応えがありますね。
簡潔な(自己主張の)文章の中に「ネオ・クラッシック」の楽しみ方・味わい方が凝縮されているようで、恐れ入ります。。

今日は秋分の日、我が家は毎年恒例の「伊勢詣り」の日。
したがいまして24日の六本木には伺えませんが、次のネオクラ拝聴の機会にはぜひとも斯様な観点を取らせていただきたく思います。。

(P.S. online name 少し変化しました。ぜひとも最終形に持っていきたいものです~)

投稿: oboe-tane | 2010年9月23日 (木) 00時55分

>oboe-taneさん
オソレイリヤの鬼子母神。tomoca節ねぇ。。。
もちょっと、かわいい感じの文体にしたほうがいいっすかぁ?(笑)
ところで、お伊勢詣りなのですね!うらやましい。私は来春にお礼参りに行こうと思っています。
良い休日をお過ごしくださいませ。

投稿: tomoca | 2010年9月23日 (木) 11時15分

softwindの予約キャンセルしました。仕事が伸びてまだ会社。六本木に着く頃には、完全に演奏が終わる時刻になりそう。というわけで無念のリタイア。

投稿: hirata | 2010年9月24日 (金) 22時00分

>hirataさん
遅くまでの残業お疲れ様でした。昨日は過去最高?なネオクラシックナイトでしたのに(笑)10/11東京倶楽部でお待ちしています!!

投稿: tomoca | 2010年9月25日 (土) 12時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9/24は六本木ソフトウィンドへ! | トップページ | 「ネオクラシック」新たなスタート »