« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月31日 (金)

カウントダウンライブ@ 東京体育館

カウントダウンライブ@<br />
 東京体育館
出演者ではなく、観客です。
聖子〜!セイコちゃ〜ん!とこれから盛り上がって歌ってしまいます。
皆様、よいお年を。

| | コメント (2)

2010年12月24日 (金)

Happy X'mas!

昨夜は六本木ソフトウィンドでのtomoa's X'masLiveでした。祝日にもかかわらずそして遠方からもお運びいただいた皆様、どうもありがとうございました。

昨年の12/23にソフトウィンドでスタートした太宰百合さんとのduoを今年1年間パーマネントに続けてきました。サウンドもコンセプトもかなり固まってきたので来年はコンサート&アルバム製作企画の予定です。これからも皆さんに良い音楽を届けていけるように日々精進したいと思います。

年内のライブは昨夜がラストでしたが、スタジオ録音のお仕事が28日まで続きます。

昨日の昼間にも大晦日に皆さんが見る?「国民的番組」の録音ありましたhappy01

今夜はイブ。しっぽりと我が家でパーティーします。先日プレゼントで頂いたバカラのワイングラスでちょっと奮発して買ったワインを空けちゃいます。

写真は帝国ホテルのメインロビーにあるクリスマスツリー。花の建築家とも言われるダニエル・オスト氏のプロデュース作らしいです。キレイでした☆

なんだかんだといっても、この時期はイルミネーションやデコレーションで街が華やいでいて楽しい気分に。先日ご一緒した大御所クラスの方は「もうイルミネーションを見ても若い頃のように感激しない」と。まぁ、それはその境地という事なのかなぁ?私はまだ完全にウキウキしちゃって浮き足だってます。そして今朝もTANITAのインナースキャンに乗り、体内年齢19歳でした!(笑)

Merry X'mas!!

| | コメント (2)

2010年12月22日 (水)

クリスマスライブ

クリスマスライブ
今夜は吉祥寺でのクリスマスライブでした。百合さんアレンジの壮大なクリスマスメドレーが素晴らしく楽しかったので、明日再演\(^O^)/
明日は年内最後のライブ!

| | コメント (2)

2010年12月18日 (土)

冬の空気

冬の空気
本日は吟詠界でのリハーサルでした。
延々と七本(G#m)と八本(Am)の音波。間奏くらいは私めのオーボエでメジャーキーや他のキーも入れつつ繋ぎ。

帰り道、原宿で下車。復活した表参道のイルミネーションを観て明治通りを渋谷までウォーキング。冬独特の冷たく澄んだ空気が肌に刺さる。
クリスチャン率は非常に低いのにお祭りクリスマスムードが過剰なのでは?と思ったりしながら。と言いながらも私も23日に六本木でクリスマスライブ(笑) お時間のある方はぜひお越し下さいませ。

| | コメント (0)

2010年12月13日 (月)

ゆりともライブ

先日の水道橋・東京倶楽部での終演後のショット。(撮影Fさん。ありがとうhappy01

山崎史子さんには今回マリンバで参加していただいたのですが、ホントに木のサウンドが心地よくて、とってもとっても楽しかったのでありました。皆様にも同様、心地よく楽しんでいただけたようで嬉しかったです。

ご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました。同メンバーでの次回出演は来年2/7(月)です。

土曜日は長いお付き合いをさせてもらっている友人宅でのホームパーティーライブにゆりともで参加させて頂いた。30人近い方と音楽と楽しいおしゃべりで久々に明け方の帰宅。

今週は土日に吟詠界?でのお仕事。前日リハ&当日1日2回公演。週半ばにはちらりと録音のお仕事&レッスン。ちょっと飲みすぎが続いて疲れ気味ではありますが(自業自得だぁcoldsweats02)健康管理をしっかりして師走を楽しみたいと思います。

皆さんも風邪には充分気をつけてくださいね。手洗いうがい励行デス!!

| | コメント (2)

2010年12月 1日 (水)

木の味わい

今日は来週初共演するvibraphoneの山崎史子さんとのリハーサルでした。山崎さんはパーカッション科卒ですので、勿論マリンバも演奏するとの事で、わがままを言ってリハーサルでは両方のサウンドを試すこととなりました。

色々試した結果…今回の東京倶楽部での共演はマリンバに決定しました!お店も広いしマリンバスペースで一石二鳥!?

マリンバという楽器の「木の音サウンド」が相当に新鮮でした。

当日が本当に楽しみ。皆様、お誘い合わせてぜひお越しくださいませ。

写真はAsia雑貨店で見つけたバリ土産定番の木のネコ(サンタver)

| | コメント (4)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »