« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年7月31日 (日)

オーボエ教本なのだ。

オーボエ教本なのだ。
昨年8月に発行された私の「オーボエ教本」

おかげさまで全国の沢山のオーボエユーザーの方々に使って頂いているようで、この度、増刷との連絡が出版社から入りました!

構成を練って苦労して書きあげた本なので、嬉しい限りです〜。

日々の練習のお供にぜひ愛用して下さいね!

今日は丸1日レッスンデー@休憩中のレッスン室。

| | コメント (5)

2011年7月27日 (水)

大好き共演

昨夜の東京倶楽部でのライブには沢山のお客様にお越しいただきましてありがとうございました。

今回は【オーボエon Bossa&Jazz】とタイトルして、私とピアノの二村さんでジャズを。山本のりこさんを迎えて心地よいボサノバをお届けしました。

写真は、終演後。大好きな愛する二村さんに無理やり抱きつくワタクシcoldsweats01

山本のりこさんとは今年の春にライブハウスで出会って、ふんわりとした歌と雰囲気が素敵~!と私からラブコールをしての初共演となりました。心地よい歌声に私もうっとり。ボサノバって気持ちよいですね~。ほんと。

そしてそして、二村さんとはなんと2年ぶりの共演だったのですが、本当にいつも素敵なピアノです。

ラブコール共演がもうひとつありました。先日の日曜日の大泉学園inFでの【民俗音楽ナイト】

こちらも今年の春。ウード奏者の常味裕司さんの演奏を聴き、一目(一聴)惚れした私。こんな哀愁のあるウードを弾く方がこの東京にいるなんて、と。タブラの吉見さんを通してラブコールを送って実現したライブでした。ウードとの初共演。そして初めてのアラブ音楽。新しい発見と刺激とインスピレーションが得られた夜になりました。

素晴らしい共演者と、温かいお客様に支えられて、とても充実のライブでした。

ありがとうございました!

| | コメント (2)

2011年7月20日 (水)

富士山追記

先日の富士山での「お鉢巡り」では見事な「影富士」を見ることができました。

写真は東からの朝日に照らされた富士山が西の雲海に。

そして、写真では全く撮れませんでしたが、もうひとつの幻想的な「影富士」も見ました。それは、真夜中の月明かりに照らされた富士山が眼下に広がる樹海側の闇にくっきりと浮かぶ影富士。

月と太陽によって現れる2つの影富士。富士の山の偉大さと神秘を実感。

さて。今週末から来週、楽しいライブが続きます。

8月はライブはお休みのつもりでしたが、1箇所決まりました。

後は「♪切~って~走れ!ジャん ジャ ジャん!あの島~へ~(by聖子ちゃん)」ってな事で早くも気分はバリへフライングcoldsweats01な私ですが、「良い音」と「音楽」をライブで皆様に楽しんでいただけたらと!ぜひお越しくださいませ!

【Live Information】

★7/23(土)【Yuri-tomo with Cello】 @吉祥寺・ストリングス 19:30~&21:00~

太宰百合(piano) tomoca(oboe) 平山織絵(cello) http://www.jazz-strings.com/

★/24(日)【民俗音楽ナイト】 @大泉学園・インF 20:00~&21:30~

吉見征樹(tabla) 常味裕司(oud) tomoca(oboe) http://in-f.cocolog-nifty.com/

★7/26(火)【Oboe on Bossa&Jazz】 @水道橋・東京倶楽部 19:40~23:00

二村希一(piano) 山本のりこ(guitar&vocal) tomoca(oboe)  http://www.tokyo-club.com/

★8/7(日)【松本茜duo】 @学芸大学・珈琲美学 19:00~&20:30~

 松本茜(piano) tomoca(oboe)  http://www11.ocn.ne.jp/~bigaku25/

| | コメント (1)

2011年7月15日 (金)

登頂達成!

登頂達成!
本日、午前3:30に無事、富士山頂に到着。その後、最高峰である剣ヶ峰での御来光を目指し、お鉢巡りに出発。4:35頃、厳かで美しい夜明けを拝みました。

写真はその最高峰の碑石が立つスポット。出来たてほやほやの朝日をバックに。

今回初挑戦の富士登山。五合目登山口から、八合目の山小屋までは、余裕でした。
仮眠はあまりよく取れなかったけれど、身体の筋肉を充分休める事ができ、元気に夜中の八合目を出発。
山頂までの道を、ヘッドライトを付けた沢山の人達が登って行く灯りはまるで蛍。

黙々と何かをするのは得意分野。普段のリード作りなんかもその一部だったりしますが、その「黙々」と登る行為が、本当にキツかったのは山頂まであと少しという20分。今回の登山で初めて、息が苦しく、心拍数がかなり上がり、このままだと、山頂からのお鉢巡りは厳しいかも?とふと頭を過りましたが、いざ山頂に着き、深呼吸をすると心拍も治まり、元気復活!
お鉢巡りの途中に観た、夜明け前の西の空に佇むほぼ満月に近い月と色濃く映る万年雪の山肌は、平山郁生の絵のような。朝日に照らされ遠くの岩肌に映る私達登山者のシルエットも絵画のようで、ただただ、美しいという言葉ばかり繰り返していました。

下山道がとにかくキツいとの前情報だったので、結構覚悟していたのだけど、これが砂利道スキーみたくて、楽しいばかり。予想外に楽な下山だったので、途中からは「自主的清掃下山」として、飴の袋、タバコの吸殻、ティッシュペーパーなどのゴミを拾いながら降りてきました。美しい光景を見せて頂いた富士山にありがとうの気持ちを込めながら。

昨年からコツコツ続けているジョギングと最近の節酒の成果か、体力的には余力が残る登山になりましたが、苦しくても平常心を保ちつつあきらめない事、そして周りの方への配慮も大事にと、山から学ぶ事は沢山ありました。

| | コメント (10)

2011年7月14日 (木)

目指せ山頂!

目指せ山頂!
日本一のお山、富士山の登山に来ています!

五合目を午後1時頃に出発して、八合目の山小屋には夕焼けが美しく染まる頃に到着。
夕飯のカレーライスを戴いて、今から12時までの仮眠。その後、山頂での御来光を目指して登っていきます。

では、お休みなさい〜。山小屋のベッド、私は二段目。1人あたりの幅は70センチくらい。想像以上に狭いっ。まぁ、こんなもんか。

| | コメント (5)

2011年7月 8日 (金)

七夕Live

七夕Live
昨夜の七夕Liveには沢山のお客様にお越し頂きましてありがとうございました。

ご来場の皆さんにも短冊に願い事を書いて頂きましたよ。

アヴェマリアメドレーを演奏中、私のスクリーンに聖母マリア様が現れたので、みんなの願い事が叶いますようにとお祈りしながらのエンディング。

私の願い事は被災地の方々の穏やかな日常がきっと訪れますように、という祈りと、至極個人的な願い事の2つでした。

ちなみに、昨夜はチェロの織絵さんのお誕生日という事もあって、サプライズでケーキやプレゼントなど、終始楽しい雰囲気でのLiveになりました。七夕に生まれて織絵という名前ですって。素敵ですね。

織姫と彦星、今年は会えたのかな?

| | コメント (2)

2011年7月 5日 (火)

登山練習会

今日はがんばって早起きをして、おにぎりを作って、高尾山に行ってきました。

ここに来て急に山登りに目覚めたtomocaであります。

7月中に富士山登山を目指しているので、その予行演習のような。

まぁ、高尾山と富士山では全くタイプが違うのですが、登り坂をひたすら昇るというのは普段のジョギングでは体感できないので、高尾山でトレーニング的な感じ。

昼過ぎには高尾山山頂を抜け、小仏城山へ進みました。

道中、本当に誰一人として居なくて、少し心細いかなぁとは思ったけれど、まぁ、熊は出ないので安心。ときどき路を横切るトカゲにドキッとするくらいでした。

奥高尾での約2時間のうちで遭遇したのは巨大なカエルだけ(笑)

小仏城山の山頂を過ぎ、小仏峠をえっさほいさっさと下って、ほぼ出口に近いところまで来たときにようやく人に遭遇。何やら、天然水をペットボトルにい~っぱい詰めている様子。

「飲めるお水ですか?」と尋ねると「美味しいから飲んでごらん」とおばちゃんが言うので飲んでみたら、びっくりするくらい冷たくてまろやかなお水でした。地元の人はよく汲みにくるんですって。いいなぁ~!

緑豊かな中で新鮮な空気と鳥達の鳴き声に包まれた今日一日でした。

夕方に帰宅して、練習もできちゃいました、高尾山、都心から近くてとても良い!

今度は陣場山まで目指してみようかな。

| | コメント (5)

2011年7月 1日 (金)

夏の思い出

夏の思い出
今日は、ツィター奏者、河野直人さんのコンサートにて共演致しました。

「夏の思い出」も演奏しました。先日行ってきた尾瀬の風景が蘇ってきました。

百聞は一見にしかず、とはまさに名言ですね。

ツィターの音色は、Clearで、ダイナミックでありながらも繊細でクラシカル。目を閉じて聴くと、ヨーロッパにいるかのような気分でした。

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »