« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月31日 (火)

あ〜夏休み!

子供達にとっては嬉しい夏休み真っ盛り。
今日で7月も終わり。みなさんお元気ですか?

私は明日、長野県の志賀高原のロッジで、蛍と共に音楽をお届けするイベントにお招きいただき、演奏してきます。蛍がい〜っぱい舞っている光景は、かつて一度も観たことがないので、とっても楽しみ。

小学生の頃は夏休みを両親の実家がある富山県で過ごす事が多かったので「夏=富山」のイメージが強いです。
埼玉育ちの私にとって、大きく広い自然の中で過ごす夏は、とても待ち遠しく特別なものでした。
親戚の子供達はみんな年子のように並んでいて最多のときは6人。その中で女子は私一人だったので、早くも当時から男社会で揉まれていた訳です(笑)

海と山と一面の田んぼ。高い建物など無くて、昼間は汗をかきながら自転車で海まで遊びに行ったり、庭で遊んだり。お昼ご飯の後には「あなたの知らない世界」(うわぁ、懐かしい!)という怖〜い話を皆で観ては喜んだり怖がったり。そして夜は花火をして遊び。本当に良く遊んでいました。

2010年の夏、10年ぶりくらいに、富山に行きました。
なんだか、胸がキュンとするような懐かしい匂いと風景。
子供の頃の光景が今も色褪せずにそこにあるという事が、とても幸せと思いました。
2年前の夏はシンプルに幸せと感じたけれど。。。
震災でふるさとや大事な家族を亡くし奪われてしまった方々の痛みを想うと本当に切ないです。
被災された方々のこれからの幸せと健康を祈り続けたいと思います。

夏休みはスペシャル!
大人になってからは、色んな夏休みがありますが、今年も色々と想い出が増えそうです。

今までは断然「一人旅派」でしたが、そろそろ「愛する人と一緒の旅」も良いかなぁ〜と、素直な気持ちで感じてきたこの頃。
もちろん、一人旅で受ける刺激はそれに変わるものは無いのでゼロにはならないのだけど、兎にも角にも、心から愛する人が側にいるというのはとても幸せな事です。

Love&Peace!

| | コメント (3)

2012年7月18日 (水)

7/22アジア展ライブあり〼

今年もめでたく梅雨が明けましたね〜。
夏大好きな私にとっては、ウキウキな日々です。
暑くて当たり前、夏なんだからね。自己管理をしっかりしていれば熱中症なんて無縁です。

暑いからといって、冷たいモノばかり飲んだり食べたり、クーラーの効いた部屋に閉じこもっていると、どんどん鈍ります!いろんなものが!
汗をかいて、シャワーを浴びればスッキリ!心身共に健康的な生活を送りましょ〜。

さて、夏といえば、アジア〜ンな雰囲気を満喫したくなりませんか?

今週の日曜日、7/22に上大岡から直結の京急百貨店7階の催事場で開催される「アジア雑貨展」のイベントスペースにて行われるライブに出演します。
ライブ時間は13:00〜&17:00〜の各30分です。

共演は何年も前にバリ島で知り合ったミュージシャンのミチロウさん(カリンバ)と、バリ⇔日本を往き来して活動しているギタリストの関将さん、そしてtomocaのオーボエ。

アジアンな雰囲気を味わいに遊びに来てくださいね。
その他、ライブの前後にはアジア舞踏のステージなどもあるそうです。

写真は、バリのお祭りの模様。
バリでは年中、お祭りがあちこちで行われています。
神様と共にいきる人々。
R1000342

| | コメント (0)

2012年7月 5日 (木)

さようなら私の親友・マゼ

今朝、メールボックスを開くと、バリのステイ先から悲しい報せが。
私の親友のマゼが毒殺されました。

今回の5月のバリで、マゼが流産を乗り越え7匹の仔犬達を無事出産した話は書きました。
そしてマゼは私の犬のトラウマを解消してくれた本当に賢くて優しい子でした。
たまたま犬に産まれてきただけで、私にとっては「マゼ」は「マゼ」という親友でした。

「毒殺」と書くと、日本ではぎょっとするけれど、バリではうるさかったり、気に入らない犬には毒饅頭を食べさせて殺すという行為は決して珍しい事ではありません。
マゼは、どうやら出産後の過敏な時期に、外をウロウロしていた近所のバリ人に吠えたりしたようなんですが、まぁ、そのバリ人が犯人なのかは定かではない。証拠もない。
でも、バリ人にとっては、それが当たり前のように育ってきているのです。このあたりが観光では見えないバリですね。バリ人の中には犬を食べる人もいるくらいですから。

ちなみに、バリ人は猫には決して手を出しません。まぁ、猫は吠えたり噛み付いたりしないから、というのもあるかもしれないけど「化け猫」を怖れているのだそうです。そういう、霊的な事に関しては、すごく敏感なバリの人々。
今度バリに行ったら、近所のバリ人に「この間ね、日本で化け犬が出たんだよ〜!」と言って、バリの中で噂が広まるように、、、なんて空想したりしてます。

バリ人は犬を飼い犬として育てる習慣がほとんどないのです。大体が番犬扱いで放し飼い。道には沢山の野犬がいます。番犬扱いの犬達はなんとか餌を貰えたりしているようですが、野犬達は、道端に落ちているゴミの中から食べ物を漁るのです。
マゼもこの家に来る前には飼い主に捨てられて同様な暮らしをしていたというのだから、この3年ほどは毎日美味しいご飯を食べて、沢山可愛がられて、幸せな犬生を送ったんだと思う。
かわいい子供達と、そして私に優しく温かい想い出を沢山残してくれた。

きっと、次は人間に産まれてきてね。バリの神様に私からもお祈りとお願いをしておくから。

ありがとうマゼ。きっとまた会おうね。

| | コメント (2)

2012年7月 4日 (水)

梅雨真っただ中

先日は梅雨の晴れ間に、鎌倉までふらっとお出かけ。
「紫陽花寺」として有名な明月院へ。
確か、2年前の紫陽花の時期にも訪れたこの場所。あの頃とは価値観や考え方が少し変わったような感じ。
2年前とは確かに観える色彩や感じる匂いが違う。
同じ場所を同じような時期に訪れるというのは、そういった意味というか楽しみ方もあるのだなぁと思った次第。

昨日は青山でのスタジオ仕事の後に、ふと思いたち、根津美術館へ。企画展は千利休が使っていた茶道具や、その時代の茶器や磁器の展示。
根津美術館といえば、広い庭園が名所のひとつでも。昨日はまさに梅雨らしい気候でしたが「人いきれ」ならぬ「雨いきれ」という感じで、緑の木々から漂うムッとした空気もまたこの時期ならでは。
本当にここが都会の真ん中にある場所なのかしら、と思うほどに静かでした。

今週末は、群馬に七夕コンサートのお仕事に。来週末は韮崎へ同じくコンサートのお仕事。
リードも楽器も調子狂うし、じとじととする梅雨がイヤダイヤダと例年のように思ってきましたが、今年は不思議とこの時期が日本の四季をつなぐ大事な時期と感じます。

何事をも受け入れ、感謝して生きていければ、幸せは向こうからやってくるのかもしれませんね。

そして、今日のような梅雨の晴れ間の晴天、太陽と青空にとても嬉しく幸せになったのでした。

| | コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »