« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月30日 (木)

過ぎ行く夏の想い出…前夜祭

今年の夏もそろそろ終わり。外からは、秋の虫の音。
今日は、久しぶりに埼玉の実家へ1泊の里帰りに来ています。

昨日のFBには書いたのだけど、72歳の母が秘密裏に男の子を出産して、しかもマリア様のように身に覚えなく受胎したという、なんとも不思議な夢を見てしまい、もし、本当だったらどうしよう〜とほんのり思っていたけれど、もちろんそんな事はなく「ただいま〜」と玄関を開けると「あら、お帰り。ともちゃん、枝豆食べたい?じゃぁ、ちょっと八百屋さんまで買いに行ってくるわね」と、いつもと変わらずの母でありました。
まぁ、実家に来ると、毎度のことながら「上げ膳据え膳」の姫待遇。これも、両親が元気でいるからの事。有り難いことです。
ウチの母は、72歳なのですが、見た目も体力的にも若々しく現役のホームヘルパー。尊敬しますよ、ホントに。

実家にいると、「昔の夏のアタシ」が浮かんできた。
パイル地のペパーミントグリーンのワンピース。肌触りが気持ち良くて大好きだったな。高学年になった頃に買った涼しげな白いレースのトップスはきっと今の私が着ても違和感ないくらいの大人びたデザインだった。思春期の頃は、とにかくニキビができないように、一日に何回も洗顔フォームで洗っていたよね。「ビオレ」の匂いは私の中では青春そのもの!
そして夏休みの終わりおきまりの「かけこみ宿題&日記」

さて、2012年の私は明日の夜に山形に向けて出発します。山形〜岩手〜福島の3カ所での演奏ツアー。
「過ぎ行く夏の想い出」をテーマに、富樫春生さんのピアノ、DJ-Alahのサウンド、そして私のオーボエという3人編成で、晩夏の東北に音の種を撒いてきたいと思います。

写真は、つい先日の六本木でのライブ。バロックオーボエを民族風アプローチでの二刀流が最近のお気に入り。


Photo


| | コメント (2)

2012年8月24日 (金)

夏の終わりに想ふこと

今年の夏はよく遊び、よく想い、よく考え、よく愛した。

志賀高原での蛍の乱舞と高原の中での演奏。
バリでは1週間、犬と太陽と月夜に守られた「愛と平和」の日々。
初めてのメンバーとのライブやコンサートのいくつか。

いつの頃からか、私は、物欲が全くといってよいほどに無くなった。
20代の頃どうしてあんなにも「モノ」が欲しかったのか、今となっては全く不可思議。
欲の無い私は旅に出ると、帰りの荷物はいつも軽い。
旅は身軽なほうが断然楽しい!

今年の夏が楽しかったのは、前回に書いた「日光アレルギー」と決別できたことが大きい。
色々、治った要因を考えてみたのだけどね〜。どれが要因なのか定かでないけれど、もし、同じ症状の方がどれかを試し、役に立てばよいかなと思い、記してみます。

【日光アレルギーとサヨナラできた要因(あくまで私的)】
1. 家の中で靴下をはかず、素足でいる事が多かった。(真冬を除き)
2. リンパの流れを良くする為に毎晩、欠かさずストレッチをしてから就寝。
3. 入浴時に、身体の股部分(手足の指の股、足の付け根の俣、脇の下)を念入りに洗うように心がけた。
4. なるべく冷たいものを飲まず、温かいもの、又は水は常温を心がけた。
5.毎日の飲酒をやめ、飲まない日を増やし、節酒した。(コレはあんまり関係ない〜?)

思い当たるのは上記のような事。あえて追記するなら、「超苦手だった犬と仲良くなった」かな。

何しろ、夏になると、日光が恐怖だったのだから、外出も大変だった。
その呪縛から解放された今年の夏。
太陽の神様、ありがとう。

今夜は優しい月が出ています。
涼しい夜風に載って、秋の虫の音。

季節は確かに進む。2012年の夏が静かに幕を閉じ、秋への転換。

| | コメント (2)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »