« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月29日 (土)

明日のライブ

未だ時差ボケならぬ「ペルーボケモード」でございますが、明日のライブ@大塚GRECOは、土曜日の為19:00〜スタートとなりますのでお越しの際にはご注意くださいませ!
宮野寛子(Piano)さんとのduo。
ペルーで書いた曲も演奏予定です。
皆様のお越しをお待ちしております。
ペルー日記はまた後日ゆっくりと。。。。

| | コメント (2)

2012年9月10日 (月)

いざペルーへ!

いざペルーへ!
只今、成田空港展望デッキで日光浴中!
有り余るほどのペルーまでの移動時間のお供。まずは、小説家デビット・ゾペティさんの最新作「不法愛妻家」を楽しみます!

成田までの車内で読み始めましたが面白くてどんどん進みます!
デビットさんは、私のアルバムのライナーノーツも書いてくれたりしてます。
売れてないオーボエ奏者!?として、たぶん、私のこと?っていう設定の下りが登場してました。聞いてないよ〜!(^_^;)

その後は久しぶりに芥川さんを読みます。
久しぶりに小説三昧。

クスコに着いてから、高山病にならない事を神様にお祈り。
マチュピチュを含むペルーの旅、行ってきま〜す(*^□^*)

| | コメント (0)

過ぎ行く夏の想い出…後編



晩夏の東北ミニツアー、無事に&楽しく終了致しました。
今回は、富樫春生(Piano) DJ-Alah,そしてワタクシtomoca(Oboe)という組み合わせ。
私自身はこの編成が異色だとか変わっているとかは全く思わないのだけど…。とにかく、サウンド的には厚みがあって、イイ感じでございました。

山形・肘折温泉でのkitokito Festivalは、地元の農家で働く30代の若者中心で企画された収穫祭。
若者パワー満載のイベントでした。素敵なイベントに呼んでいただき演奏させていただいて、光栄でした。本当にありがとうございました。
肘折温泉街の人々はあたたかくて、とても素敵な場所でした。
またいつかゆっくりと訪れたいなぁと思いました。

翌日は、岩手県紫波町でのあづまね山嶺ジャズフェスティバルへの出演。
山と緑に囲まれたステージ。山好きな私にとっては、最高の環境、と言いたいところですが、なんと炎天下の中のステージ。ステージには屋根がついていると聞いていたので安心していたのですが。。。。
「だって、お肌の日焼けが心配…」ではなく、心配なのは楽器。
実は、先月、某所で直射日光の下でのクリップ演奏&撮影時に、軽く「割れ」が入ってしまってショック!だったので、今回も再び同じ箇所がイってしまったら…と考えるとかなり冷や汗モノでしたが、ステージに立ったら、そんな事は気にしていられませんので、まぁ、成るように成るさと。
ちょっと楽器的にはダメージ受けた感もありましたが、割れはセーフでした。
青空と緑に包まれた空気のなか、気持ちよいとしか表現の仕様のない一日を過ごさせていただきました。
スタッフの皆様、関係者の皆様、お世話になりました。どうもありがとうございました。

翌日は、盛岡の農家さんのお手伝いをさせていただきました。
刈り取った稲を天日干しにする為の「ハセ」をメンバーで額に汗しながら懸命に組みました。
とっても大変な作業で、陽が落ちる前に終わらせなきゃ!と黙々と作業。
無事夕暮れと共に終了。夜には地元の温泉に連れて行っていただき、古民家で農家さんの奥さんが作ってくれたお野菜たっぷりの夕食を美味しくいただき、秋の虫の音に包まれながら就寝。
農家さんの仕事は本当に大変であるし、ある意味非常に尊い作業。
太陽と大地の恵みと人の手で作られた食べ物、粗末にしてはいけませんね。

そして、最終日は福島・いわきのBarクイーンでライブをさせていただき、深夜東京に帰宅。

夏の終わりの、静かで熱いツアーでした。

お世話になった方々、そして聴きにきてくれたお客様、本当にありがとうございました。
またお会いできる日まで☆

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »