« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月30日 (日)

2012年のエピローグ

今年を振り返ると、私自身にとっては、転換・チャレンジ・好転の一年だった。

3月には奈良での森きくお氏(先月入籍した旦那さま)の個展オープニングでの演奏。その後、奈良・京都への旅。
大人になった今、訪れる西の京は風情あり素晴らしかった。
ちょうど二月堂のお水取りの日に奈良だったので、極寒を耐えて厳かに参列。
4
 
9月のペルーへの2週間の旅は、4000m級の山へのトレッキングと計5泊のキャンプ生活。念願のマチュピチュと秘境マルカワシ高原へも。
自身をリセットして見つめた旅だった。
3
そして年内に4度訪れたバリ島でのプライベートな時間や出演のコンサート。
写真は8月。デンパサールでのアートイベント。
542095_3294831052042_569763088_n_3
日本では3月と9月に東北方面へのミニツアーを行い【カミノサルサマ】tomoca(Ob)富樫春生(P)DJ-Alah(DJ)(ユニット名:無私の奉仕と学識を備えた猿神「ハヌマーン」に由来)を結成。
来年6月のツアーも決定している。唯一無二のサウンドでこれからが楽しみ。
1
志賀高原「石の湯ロッジ」では、写真家の小原玲さんの企画。
夏は蛍・秋は紅葉と、季節を感じる映像と音楽のコンサート。
太宰百合(p)とのユニットは美と優雅を司る女神の意味を持つ【IRUKARISU】に改名。自然の中に身を置く安らぎの時間。
7
10年前にバリ島で出会った大好きなミュージシャン、ミチロウ(民族楽器)さんとの共演も実現した。
ギターはShowさん。Showさんもバリと日本を往復していて3人はバリという共通の糸で繋がった。
Photo_4
この冬には来年6月にリリースされる私のアジアを舞台にしたアルバム作製へのミーティングが始まった。
私が長年憧れてきたアジアンサウンドクリエイターでもある久保田麻琴氏 http://www.kubotamakoto.com がプロデューサーを引き受けてくださり、現在来年のレコーディングに向けての準備が進行中。
そして、この年末を再びバリ島で迎えています。
今年の秋から私の音楽スタジオを建設。3ヶ月間、バリ人の大工さん、職人さんが丁寧に仕事をしてくれました。
Photo_8
この部屋の設計とデザインは旦那さまが手がけてくれました。
本業は画家でありながらも、以前、日本に居た頃は店舗内装や設計を手がけたことがあるという彼は、とても素晴らしいセンスの持ち主。
そのような多才な彼を心から尊敬するのであります。
5
彼はバリの大工さん達へ毎日、お茶やお昼ご飯を用意して細かくケアしてくれて、そういうふうに形式だけではなく、心と心が繋がっているからきっと大工さん達も良い気持ちでこのスタジオを建ててくれたのでしょう。
とても居心地よく落ち着く空間。
この場所で、いつもどおり、練習とリード作り、曲作りとアレンジをしています。
何かに導かれるかのように、今、バリ島のこの空間でこのブログを書いている私。
人生は、不思議で楽しく、苦く甘く、私達を導き守ってくださる宇宙と自然と神々の存在に畏敬の念を抱き、そして、自分自身の足を地につけ、歩み続ける。昨日もないし明日もない。ただ、「今」があるだけ。
今年一年、このブログを訪れていただいた皆様、応援してくださったみなさま、お世話になった方々に心より感謝をしています。
2013年も、どうぞよろしくお願い致します。
みなさまの新年が健やかで平穏でありますように。
バリ島より愛をこめて。 tomoca

| | コメント (4)

2012年12月19日 (水)

今年も師走

あっという間に12月も中旬。
今月に入ってからはほとんどオフがないので、体調に気を使う日々。
念入りなうがい手洗いは基本中の基本!
先日、おおたか静流さんのツアーで、秋田・青森へ行ってきました。
写真は、青森への車窓から。
パートナーでもある画家の主人にこの写真を携帯から送ったら「ドクトルジバゴの世界みたいね」と返信メール。
ドクトルジバゴって、どんな映画だったかな〜?とYoutubeで探してみた。http://www.youtube.com/watch?v=wAWrXTn5Www

2

なるほど〜。画家は「視覚」なのね。
私は「ララのテーマ」からこの映画が蘇る「聴覚派」
秋田、青森で地元グルメをいただき、そして、子供達の無邪気で可愛らしい笑顔に沢山出会って、楽しい旅でした。
お世話になったスタッフの皆様、ありがとうございました。
とんぶりLOVE〜! 美味しくいただきました。
 

| | コメント (0)

2012年12月 5日 (水)

季節ハズレかもしれませんが

一段と寒さが増してきたこの頃です。

私は「万全と気合い!」の風邪対策で、ここ数年は風邪で体調を崩すということはありません。
超!基本的な事ですが、徹底したうがい・手洗い。そして早めの葛根湯!
それと、就寝時には喉を冷やさないようにネックウォーマー。
起床したらお湯を使わず水で洗顔!蛇口を少し左にすれば温かいお湯spaが出てくるのですが、コレはちょっとした修行と思い、誘惑に負けずに継続
我慢の甲斐あり、確実に美肌効果ありますgood
そして朝食にはフレッシュな果物apple
とても季節ハズレかもしれませんが、今年の夏、志賀高原の石の湯ロッジで蛍と共にSOLO即興演奏をしたtubeのご紹介。
今はすっかり真白な雪化粧のこの場所も、8ヶ月後には再び蛍が舞う。
寒い寒い〜と縮こまらないで、冬を、日本の四季を楽しみたいものですね!

| | コメント (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »