« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月31日 (金)

1月の新月に願う

1月も今日でおしまい。

今年は一年の最初の日が新月という特別な年。
そして、日本は今日が新月。
我が家では、数年前から、カレンダーはバリのものなので、時々新月や満月が日本と一日前後しているときがあります。
新月の夜にポジティブな願い事をすると、その願いが満月までの間に育っていくと言われています。
逆に、ネガティブな想いを抱くと、それも満月の日に向かって育っていくんだとか。
最近、改めて「想い」「思考」「意識」というものの重要さを感じています。
私達、人間は肉体を持っています。人間意外の動物も皆、肉体を持ってこの現世に存在しています。しかし、明確な言葉や意識や思考を持ち、それを表して生きているのは人間だけです。
しかし、この肉体は、ただの借り物。
健康で長生きをするというのは幸せなことだけれども、
この「肉体欲」に執着することはあまり望ましくないとも感じる。
私は7年程前からベジタリアン生活をはじめましたが、食・身体・精神の関係性を、身を以て体感しています。
人間としてこの世に生をうけるのは高い山の頂上から麓の小石一粒を見つけ出すのと等しいほどにまれな確率であるとか。
母のお腹から生まれ、育ち、巣立ち、誰かの為、何かの為に奉仕したりお役にたちたいという思いを抱き、仕事をして生きる。
ラッキーなことに、私の場合は大好きな音楽を奏でるということが仕事であり、自分のライフワークとなっている。なんと有り難いことなんだろう。
大企業勤めや有名・著名人が素晴しいというのは浅はかな考え。
お金や地位はあるが心が貧しいより、マイペースな暮らしで心がリッチなほうがずっと幸せ。
自分自身の足で立ち、しっかり前を向き、宇宙と繋がっているという意識を持っていれば、何も不安などない。
愛…人を愛する。決して男女でなくても。全ての人を愛する。
動物や植物。目に見えない存在をも愛する。
平和…争いのない世界。互いを苦しめあうことのない世界。
そして平安。
Love&Peace&Shanti   
新月の願いごと。

| | コメント (0)

2014年1月13日 (月)

Fromバリ島

1月、雨季のバリ島に帰ってきています。

今回は10日ほどの短い滞在。
雨季といっても一日中降り続ける訳ではなく、一日のうちに数時間ざーっと降って、その前後はまた晴れたり、そのままどんより曇り空の日もあったり。
こんな美しい夕暮れを見られることもあります。
まさに「evening glow」
この頃を境に、闇への準備がはじまる。
空気が濃厚になりナイトジャスミンも香る仕度をはじめる。
Photo
バリにいると、なぜ、こんなにもあたりまえのことに感動し、切なくなるのか。
私は心からこの場所を愛し、ここに暮らす人々を敬い、永遠にこの島に恋い焦がれる。

| | コメント (0)

2014年1月 9日 (木)

2014年始動

松の内も過ぎ、寒い東京のからっ風に吹かれながらも私は元気に過ごしています。

皆様、お正月はいかがお過ごしでしたか?
今年は数年ぶりに日本での(東京)お正月を迎えました。
おせち、お雑煮、そして友人達を自宅に招いての鍋パーティー新年会。
新年は4日から録音の仕事や2月のイベントの打ち合わせなどで、早々に通常モードです。
1月はライブがありませんが、2月はライブやコンサートが続きます。
それぞれに違ったサウンドと世界感。ぜひ、スケジュールをチェックしてお出かけください。
スケジュールはコチラ!
2014010417310000
2013年はアルバムリリースやツアーなど、色々と楽しく新しい事が巡り、充実した一年でしたが、2014はぐっと地に足をつけふんばりどころを試される一年となりそうですが、きっと素晴らしく輝く年になると確信しています。
人はそれぞれに様々な不安や問題を抱えて生きているでしょう。
穏やかな凪のような日常はもちろん悪くないでしょうが、波瀾万丈、大波小波、時には嵐のような試練も、後から振り返れば神のシナリオのスパイスだと気がついたりします。今までの人生で、音楽を含めた全てを投げ出してしまいたいと自暴自棄になった時期もあったし、悲しみや辛さから二度と抜け出せないのではないかと思った時期もあった。
でも、今はとても幸せで、今の自分が一番好き。
そして、常に音楽と共に歩んでいけるという幸せを実感しています。
音楽は私の全てであり、目に見えないものでありながら、私の中にいる神と私以外の人や動物や空間におわす神を繋ぐものであり、愛である。
幸せは物やお金・名誉や地位という今世限りの次元ではないのだという至極当然でありながらも実感するのは難しそうなことに深いところで気づいてしまった自分は常に至福であり、常に心がリッチであり、平穏でいられる。
全ての愛を感じられるようになりました。
2014年がどうぞ皆様にとって、心身ともに健やかに平安で、幸多き年でありますように。
私も、2014年、音楽と共に、更に精進し成長したいと思います。

| | コメント (2)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »