« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月30日 (水)

42:78

あわわわー。アッという間に4月も終わり。

不惑ワクワク〜なんて言っていたのが遥か昔のことのように感じられる。
42:78は何の比かというと、2014年本日までのバリ島:日本の滞在の比。
今日で4月も終わり。今年になってちょうど120日が過ぎてしまった。
実はブログを放置していた4月の中旬から10日間も再びバリへ行っていたのであります。
今回は昨年4月に産まれた仔犬のトロとパンダの1歳の誕生日もお祝いできました。
Photo
一年でこんなに大きくなりました。成長著しい。でも、まだまだ甘えん坊。
特にトロ助は、夜中、寂しくなるのか「く〜んく〜ん」と。私がわざわざ2階から降りていって撫でてあげると、安心したように鳴き止みます。
今回はウブド発のインターネットラジオ「ウブド・エアポート」という番組にもゲスト出演させていただき、アルバムの話や私とバリ島の繋がりの話など、おしゃべりさせていただきました。DJのTakeさんはバリ島に移住する前は新潟のラジオ局でご自分の番組も持っていらしたという方で、とてもお話のテンポもよく、相方のDJ尚美さんも関西弁でノリがよかったです。
1
Youtube に番組がUPされていますのでどうぞお聞きください。
第2部では、エンディングにちらっと生演奏も。
今回は滞在中にサヤン村の奉納劇「チャロナラン劇」を観ることができました。
こういった村の催しは、観光客の為ではなく、村のコミュニティ、そして神様の為に捧げられる踊りと音楽。催しが始まったのは夜の10時を過ぎた頃。終演は2時を過ぎていました。
2
怪しげに輝く満月のもと、お寺の中のステージでは善霊(バロン)と悪霊(ランダ)の闘いの劇がはじまりました。
この夜はカジャンクリウォンという、魔の出やすい日。通常、この日の夜はバリ人は外出を控えると言われていますが、信仰深いサヤンの人達に囲まれていると、何も心配ないなーと妙に安心できました。
向こうのステージでは劇をしているのに、コチラ側では、なんとサイコロ賭博!
しかも、掛け金の采配らしきことをしているのは、紛れもなくマンクー(お坊さん)です。あはは。一応、インドネジアではギャンブルは禁止なのですけどねー。まぁ、お寺の中だし、儀式の日だから、おとがめなしってところなんでしょうか。
3
今回は再びレコーディングメンバーと共にリハーサルをしてきました。
ほぼ、サウンドスケッチが固まりました。
4
6月初旬から1ヶ月間滞在して、サヌールのスタジオでレコーディングです。
昨年6月リリースのアルバム「PURNAMA」に続き、今作もアジアの雰囲気。
前作よりもBaliにフォーカスしたアルバムになりそうです。
収録曲は私が近年、バリで書いた曲が中心です。
5
いつものごとく、日本へ戻る数日前から、この子たちと離れるのが切なくて。。。
少しでもくっついていたい。どっちが子供なんだか。。。
私に沢山の愛をくれるこの子達、愛おしい家族。
6
今回は帰国日、空港への途中でバリアン・チョコルダ師の元を訪問。
私が師にお会いしたのはこれで10回目くらいでしょうか。
初めて診ていただいた数年前の私は、とても心配症で迷いだらけでしたが、今は師のおかげで楽になり、ケセラセラ、なるようになるさ、と思えるようになりました。
今回はエネルギーを注入していただき、まっすぐ行きなさい!と背中を押していただきました。
師の優しく力強い眼差し。人生の師がバリ島にいるという幸せ。
明日から5月のスタート。
ライブやコンサート、イベント出演のお仕事、そして6月のレコーディング準備と、アクティブな日々となりそうです。
宇宙へ・地球へ・自然へ・周りの方々へ、そして自分の身体への感謝をしながら生きたいものです。

| | コメント (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »