« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月20日 (火)

バリ島便り・2015 NewYear

先週、再びバリ島に戻ってきました。

東京の寒さに縮こまっていた身体が伸び伸びとしています。
(のびのびと言えば、、、、機内で見た「STAND BY ME ドラえもん」に涙してしまいました(笑))
バリは雨季の真っただ中。
門柱の置物もすっかり苔むしています。
バリではカエルは神様の使いと言われ、苔むしたカエルの置物は縁起が良いとも言われるようです。
Photo_3
雨季のバリ。
午前中にざーっと降ってお昼頃から青空が見えてくる日もあれば、朝から快晴で夕方から曇りはじめて夜の間に激しく降るという日も。
天気予報は必要ない。目と肌で天の気を感じる。それで十分。
雨季の夜。
濃厚な夜気にジュプン(プルメリア)の香りが嗅覚を悦ばせる。
こちらでの生活にも慣れてきたので、交通の手段として、ようやく自分用の原付バイクを購入しました。
早速、村のお坊さんに来て頂いて安全に乗れるようにと儀式をしていただきました。
Img_1401_2_3
バイクや車を購入したときは必ず儀式をして、神様にお祈りとお供え物を捧げます。
儀式自体は20分ほどですが、この為に沢山のお供え物をお手伝いのカデちゃんが用意してくれました。
Img_1408_2_2
バリの習慣や文化に興味があり、もちろん、そうであるからこの島に魅力を感じるのですが、バリ人になろうとしている訳ではなく「バリを敬愛する日本人」なのです。
ですから、バリ人に対する畏敬の念、憧れと尊敬があります。
何から何まで要領よく準備してくれるカデちゃんに感謝と尊敬の気持ちがいつもあるのです。
私達「外国人」の為に、色々親切にしてくれる家族のようなカデちゃんとそのファミリーに助けられての生活。感謝の気持ちをもっと伝えたいし、色々とおしゃべりもしたいので今年からここバリ島に滞在の間はインドネシア語のレッスンを受けることにしました。
お供え物は儀式の後に、ありがたくいただきました。
Img_1409
今日は新月です。
バリの人達は新月のお参りで忙しい日です。
新しいサイクルの始まり。
平安な気持ちが育っていきますように。

| | コメント (0)

2015年1月 3日 (土)

謹賀新年

今年もこのブログを読んで下さっている全ての人々が平穏で平安な一年でありますように。

昨年はバリ島でのライブツアー、レコーディング、そしてALBUMリリースもさせていただき、Oboe奏者tomocaとしての活動は充実したものとなりました。
ひとえに、色々とご協力やご支持下さったスタッフ、関係者の皆様、そして何よりも応援してくださるファンの皆様のおかげです。
どうもありがとうございます。
2015年もどうぞよろしくお願い致します。
10885250_330967217097756_6502734275
今年は埼玉の実家で年越しを迎えました。
小さな神社ですが、どーんと日の丸の旗を掲げてありました。
日本は日出ずる国。
私は日頃、太陽に当るのが大好きなのですが、今年からは毎日欠かさずに太陽神に挨拶をすることをここに誓います。
Baliでの暮らしでは、日の出と共に目覚め、暗くなったら寝るという超シンプルライフ。当然の如く、朝日を拝むという生活なのですが、東京では、少し意識的に太陽を探さなければなりませんね。
しかし、世界中どこにいても太陽は平等に私達を導き照らしてくださいます。
さて。プライベート的な2014年を振り返ると、主人が病気になってしまい、昨年の半分以上を東京での入院治療と闘病生活という、大変な一年でした。
本人にとっても、もちろん支える私自身もとても辛い試練でした。
画家の主人にとっては絵を描く 事がライフワークであって、自由に描くことができない苦悩。長年暮らしてきたバリ島ではなく、住み慣れない閉塞感の街、東京での生活。
辛い治療を終えてようやく健康を取り戻すことができたことを心から感謝します。
2人だけで乗り越えた2014年ではなく、沢山の方の励ましやご協力やお心遣いをいただいたからこそ。 
闘病生活の中、主人は夏の個展を、私は主人のサポートも得ながらバリでの録音など、辛いだけではなく、創作や愉しみも共にした一年でした。
2015年、共に笑顔で新年を迎えられる事に心から感謝をして、この一年を一日一日大事に生きたいと感じています。
どうぞ、またこの一年、どうぞよろしくお願いします。
そして、皆さんと皆さんにとって大事な人達の一年が健やかで幸せでありますように。
2015年 1月3日 tomoca 拝
 

| | コメント (2)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »