« 東京生活 | トップページ | [METROPOLIS] and Live Music »

2015年3月21日 (土)

バリ島の新年〜Nyepi〜

今日はバリ島の新年・Nyepi(ニュピ) サカ暦1937

太陰暦・太陽暦を組み合わせたサカ暦に沿うバリヒンドゥーの新年。
今日は一日じゅう、外出禁止・火や電気をつけてはいけない日。
大声を出したりテレビや音の出るものは禁止。
鳥・虫・風の音だけが村を満たしています。
空港もトランジット便以外は運休になり、閉鎖されます。
在住外国人や観光客も含め、島内全ての人々が謹んで新年を迎える日。
バリ人の中には一日瞑想・無言の行・断食をする方もいるようです。
毎年、多少前後するようですが、大体3月上旬〜4月の上旬の間。
詳しくはコチラのサイトに色々。
以前からニュピの期間に滞在したいと思っていたのだけど、毎年都合が合わず、ついに今年初めて、バリ島でのニュピを迎えています。
1ヶ月程前から各村ごとに男の子達がコツコツと製作した「オゴオゴ」と呼ばれる巨大な鬼の様相の人形が新年前日(大晦日)の夕方を過ぎた頃から村中を練り歩きます。
先月、滞在していたときに隣村で子供たちが作っていた様子。
Photo
数日前まで製作のラストスパート!
1
私が暮らす村では、その他の儀式が沢山あり、オゴオゴまで手が回らずというこで、
残念ながら今年のオゴオゴは無し。
本来は海に各村のご神体を浄めに行くムラスティという儀式も伴うのですが、
オゴオゴが無い村はムラスティも無いということで、また来年。。。
ということで、我が村は静かなので、隣村を見物してからウブド中心街でのオゴオゴ見物へと繰り出しました。
P1030780
↑ビジュアル系?
P1030784
↑ベロベロ星人?
P1030785
↑緑の鬼。木々の色と同化しそう。
P1030788
ひとつの村でいくつも製作。
オゴオゴ製作とパレードは若い男の子の役目。
年に一度の大役にここぞとばかりに張り切る。
P1030779
中にはこんなに可愛らしいオゴオゴも。一生懸命作ったんだよね!
P1030767
↑ 更なるミニサイズ。
P1030794
P1030801
↑ヨダレがリアル。
P1030800
ウブドの街中はさすがに気合いが入っています。
中心地のサッカー場にオゴオゴが総集結。皆で見せ合い、日が落ちてからメイン通りでのパレードが始まりました。
P1030804
P1030802
僕たちが作ったんだよー!という感じの誇らしげな子供たち。
P1030812
日が落ちると電飾が灯されてド派手なオゴオゴに変身。
各村、各家々の悪霊がこのオゴオゴに憑き、最後はオゴオゴを燃やしてしまうことで悪霊を島から追いやり、また新しい1年が平安に過ごせるように、という祭り。
祭りの翌日の新年は、まだその辺りにいるかもしれない悪霊に見つからないよう、静寂を保つ日なのです。
自分自身の幸せや平安を望むのは皆、当然のことなのですが、バリの人々は完全なる村社会で「村の平安の為に」と祭りや儀式を行います。
そしてニュピの日には「生きとし生けるすべてのもの」の幸せを神様に祈るとのこと。
P1030815
今朝、家の庭の蓮のつぼみにも新年のエネルギーが漲っているようでした。
明日には咲くかな?
今朝は本当に空気が澄んで静寂で、特別な新年の朝でした。
太陽に挨拶をし、2階から見える聖山アグン山に挨拶をし、感謝に溢れた朝を迎えました。
奇しくも日本は春分の日。
新月を迎え、新たなサイクルが始まろうとしています。
サマスタローカ スキノ ババントゥ。(みんな幸せになりますように)
オーム シャンティ シャンティ シャンティ。
2015 3月21日 バリ島にて tomoca拝

|

« 東京生活 | トップページ | [METROPOLIS] and Live Music »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京生活 | トップページ | [METROPOLIS] and Live Music »