« ウブド音楽便り〜第5回 | トップページ | 東京サマー・残暑お見舞いもうしあげます »

2016年7月11日 (月)

音楽を通して成長する

オリエンタルフュージョン&ワールドミュージックバンド「MANDALA」は

ウード奏者Anello(from Italy/Bali在住) わたくしオーボエ奏者 tomoca(from Japan/Bali在住) ダラブッカ奏者Jamal(from lebanon/texas在住)+タブラ等パーカッション奏者Sriji(from India/texas在住)というメンバーで構成されています。
13407101_10153750808078174_64782145
バリ島で、この国籍も年齢も音楽ルーツも全く違う四人が集いステージを共にするというのは非常に面白く、奇跡的でもあります。
何かのタイミングがずれたりしていたら、一生会う事のない四人だったと思う。
そう考えると、出会いというのはとてつもなく貴重です。
約一ヶ月の間、数カ所でLIVEパフォーマンスをしました。
中でも一番大きなステージだったのはデンパサールのArt Centerで毎年6月から1ヶ月間開催される「Bali Art Festival」でのパフォーマンス。
普段はバリ舞踊など行なわれるステージでの演奏でした。
バリの芸能の神様が聴いて下さっているような感じがして、感慨深いステージでした。
13567215_1058381530907825_867665982
バロックオーボエを民族楽器(シャナイ)のようなアプローチで。
Attachment1
アイコンタクトはとても重要。
しかし、本質的には音を「聴きあって」いれば、アイコントがなくとも分かり合える、というのが私の持論。
13612349_10154404509063969_51569935
小さなセッションやリハーサルも含めるとこのメンバーで約一ヶ月の間に12日も一緒に音を出しました。
共に音楽を創る事を重ねていくと、互いの音楽性以上のものが見えてきます。
私の英語力では言いたい事の半分も言えない。
もしもっと自分の意見を明確に伝えられたなら、、と歯がゆい思いもしたけれど、案外とそれは音を出す事ですぐに解決してしまう。
「もっとこうしたら、、、」とか「マンネリっぽいな、、、」と思うような事が時折あっても自分の語力で伝えきれないという事もあったし、正直に言うと 「おじさん達の頑固さ」に少し辟易した感もあった。私はこのユニットでは最年少だった。
共に創っていく時点で年齢差というのはあまり関係ないようにも思うけれど、実際のところ「ブレない頑固さ」と「譲らない頑固さ」ってちょっと違うと思う。
人間って、歳を重ねていくと頭も身体も柔軟さが欠けてくるのかもしれないね。
色々反面教師で、学びを得たと思うし、自身の語学力の低さを痛感したので頑張って身につけようという決意も強まった。
しかし、さすがに60代のオジさん達のPlayはそれぞれに熟しているし、芸歴の厚みもある。一つの事をやり続けている人の強み、みたいなものって確実にある。
相手をリスペクトして、良い所を見て、互いにBestを出し合う。
何か上手く行かない事が生じたときに、誰か(何か)を批判することで自分の立場を優位に立たせようとしない。自分の行動(Play)に責任を持つ。
これは音楽に限った事ではない。
音楽ってその人の「生きざま」だし、先に述べた事が音楽に限らないと思うので
広意で全ての表現や行動はその人のいきざまそのものだ。
人間の心には純白や黒やグレーやピンクにブルー、、、いろんな感情の色がある。
だから面白いし複雑だ。
全ての人が同じ色合いだなんてゼッタイにありえない。
十人十色。みんなひとりひとり違う個性を持っている。
互いを認めあう事の第一歩。
それは まず自分を信じて自分を好きでいることだと思う。
互いに好感を持ち合う相手というのは以心伝心だから問題はない。
しかし逆の場合(負の感情)の以心伝心は決して相手を否定する所からではなく、
良い所を見ていく。見つけていく。
そのうえで「どうしてもこの人との接点を見つけられない」と感じたなら、無理につき合う必要はない。自分の気持ちに正直でいることはとても健康的だし、心地のよいことだから。
スマランツアーを共にしたメンバーともバリ戻ってきてから何度かLIVEをしました。
私の家にみんなでふらりと遊びにきてくれたりして、なんだか可愛い弟たち、という感じ。
彼らとのバンドでは私が最年長。
ヒートアップする20代男子達とのステージは楽しくもあるけれど、「お姉さんとしては
「ここでクールダウンすると気持ちいいんだよねー」という感じで、この日はステージ中盤にギター王子ことオスカル君とStandardのBalladを演奏。
13567167_841816895918633_4662394587
彼らとはひょっとすると9月にタイへ演奏ツアーに出かける事になるかもしれない。珍道中になりそうで、実現したら楽しいだろうなぁーと思っています。
音楽を通して成長する、気づかせてもらえるなんて、本当に有難いしラッキーで幸せな事です。
今月末、再び日本へ帰国。
今回は3週間だけの滞在期間中、5本のLIVEに出演します。
スケジュールはコチラ! http://tomoca.c.ooco.jp/schedule.html
ご都合の合うLIVEにぜひお越しください。
バリ島からの風、お届けします。
Love & Peace
tomoca

|

« ウブド音楽便り〜第5回 | トップページ | 東京サマー・残暑お見舞いもうしあげます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウブド音楽便り〜第5回 | トップページ | 東京サマー・残暑お見舞いもうしあげます »