« 音楽に楽譜は不可欠なのか? | トップページ | 節分sweet memory »

2017年1月28日 (土)

恋の想い出/sweet memory

今朝はなんとなくBob Marleyを流していたい気分だった。

いつもと同じように9時頃、掃除をしにやってきたカデの旦那のカデ。(※カデは2番目生まの人の総称)
私のスタジオを掃除していると、カデの動きがふと止まった。
その数秒後、とても懐かしそうな少し照れた表情で「この曲を聴くと、昔を想い出すよ。まだ若かった頃、日本人の女の子と恋に落ちたんだ、、、」
「え、その話は初耳!まだカデ(奥さんのカデ)と結婚する前でしょう?」
「うん。僕は18だった。旅行で来てた子だった。でもお互いの言葉が通じないから、イエスとかハイ、とかそんな言葉だけで、、、毎日、ウブドの町を一緒に散歩したり。楽しかったな、あの頃」
「ふーん。カデのsweet memoryってわけね。で、その人はその後もバリに来てる?」
「いいや、2年間は彼女と会っていたけどそれきりさ。結局神様は僕たちを結びつけなかったって事だね。今頃は日本で結婚して子供もいるのかな。まぁ、あの頃の僕はまだ18だったからさ、結婚とか全然考えてなかったし。ホント、この曲聴くと20年前に一瞬でフラッシュバックするよ、、、、」
そう言いながらカデはいつもと違う空気を身体に纏わせスタジオから出ていった。
20年前のウブドの町中で手をつないで歩くバリ人と日本人の女の子のセピアな風景を想像したら、この私まで朝からふんわりと甘くも少しほろ苦い想いに包まれてしまった。
きっとその女性は18歳のカデより年上だったんじゃないかなぁと想像する。
「その彼女は当時、何歳だったの?」などという野暮なことはもちろん聞かなかった。
何歳だって、恋は恋だ。
そして人はいくつになっても恋ができる。

|

« 音楽に楽譜は不可欠なのか? | トップページ | 節分sweet memory »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音楽に楽譜は不可欠なのか? | トップページ | 節分sweet memory »