« 2017年1月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月13日 (月)

夕なずみ

そういえば、、、、、。。。

バリ島で心静かに暮らしている間に、脳メモリーの空き容量が増えたようで、 忘れかけていた深いメモリーがふと浮き上がってくることが、ままにある。
私は海を眺めながら黄昏れる時間が昔から好きだった。
通称「海ナシ県」と呼ばれる埼玉県での青春時代。
割合に'おませさん'だった私は小学校高学年の頃から一人で東京へふらりと遊びに行っていた。
高校生の頃は鎌倉、湘南、あたりまで行き、青い海を眺めてはあれこれと考え想いあぐね、グレーな気持ちに変わりつつ埼玉への長い電車に揺られたものだ。
美しく儚い「夕なずみ」は天界からのギフト。

ちなみに「夕なずみ」はtomoca造語。

暮れ泥む(なずむ)という言葉からインスパイア。
最近書いた新曲のタイトルに。
4
 Photo by Mark
日本は桜咲く春へ。
ここ南半球のバリ島は雨季の終わりがすぐそこまで来ていて、乾季へ向かっています。
3月の満月が過ぎ、エネルギーが満たされ動いている。
月の満ち欠け  潮の満ち引き  想いのみちひき。
みたされたい想いとみたされない想いは引き合って、哀しみや寂しさの中からじわじわと、偶然の産物の染め模様のように。
人間も自然の一部だから満ち欠けをくり返していくもの、、、という当たり前のことを改めて実感する。
当たり前のことは、当たり前すぎて普段からの意識が薄らいでゆく。
人間というのはつくづく学習能力が低いんだと思う。
そして起きてしまったことは戻せない。
完璧はなく満たされたままのキープもありえない。
今が全てなんだと思い、毎日に感謝する。
ともあれ。
今という今日が弛緩する夕なずみの時間を私は愛している。

| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年4月 »