« 夢の途中(scene 2) | トップページ | 夏の日本での音楽活動の前に »

2018年6月28日 (木)

食と生活

バリ島に限らずインドネシアにはワルンと呼ばれるカジュアル食堂が沢山あります。
健康志向の西欧人が多いバリ島では近年、Non MSG(化学調味料不使用)やベジタリアンワルンも増えつつあります。
「ナシチャンプル」は白飯のまわりにおかず数品が盛られる定番ご飯。
選んだおかずの量と内容で前後しますが安い店では日本円で60円〜150円ほど。
ツーリスト向けのレストランではこのナシチャンプルが800円くらい。
ただ安い店はそれなりで、使用している米や野菜はオーガニックではありませんし、油、調味料の質もそれなりです。
時々はそういったローカルワルンやカジュアルな店での食事もするのですが、殆ど自炊でオーガニック食材を使っています。
現在は厳格なベジタリアンではないので魚のダシも使い、ときどき魚自体も食べますが肉類は10年以上口にしていません(これから先も食べる事は無いと思います)
しかし野菜だけでも十分に栄養が摂れて健康が保てるし食べる事の楽しみも享受できています。(ベジタリアン生活に切り替えた約2年は厳格ビーガンだったので外食や他人との食事がとても大変でした)
ベジタリアン生活を始める前の私の食生活を振り返ってみると.......。
東京で一人暮らしを謳歌していた私は料理に全く興味が無くほぼ毎日外食。
ラーメン餃子・ステーキ・スパゲティ・とんかつ・海老フライetc......夜は仕事の後に飲み歩き、シメにラーメン屋、おでん屋、寿司屋、、、とよく食べてよく飲んでよく遊んでいたなぁーー!
でもあの生活を続けていたら、、と想像すると怖くなります(笑)
健康のみならず体型も。
*****************************************************************
バリ島でのシンプルライフもずいぶん板についてきました。
余分な物を買わない、持たない、知恵を使って利用する。
節約感覚が身につくとあまりお金を使わず生活することが楽しくなってきます。
******************************************************************************
スーパーではなく、オーガニックマーケットで野菜とフルーツを買う理由は新鮮さと安心。
ウブドのオーガニックマーケットの先駆け的お店「ワルンアラミ」のオーナーは日本の女性ですが、安心した食材への拘りで、日本の「野口の種」をバリ人の契約農家さんが育てて毎週火曜日の同店のマーケットで販売しています。
マーケットでは過剰包装が無いということも大きな理由。
Img_9270
バナナの葉で作ってあるトレーが可愛らしい。
私の家の近くでも週に2回のオーガニックマーケットが開かれています。
もちろんマイバック持参。
26733388_2002875736596954_421425345
いつも同じおじさんから買うのでよくオマケしてくれます。
おじさんは「今は市場でもプラスチックバックを沢山使っているけどうちの周りには沢山バナナの葉があるから必要ないよ」と。
でも残念ながらこういう意識のバリ人ばかりではないのが現実で、バリ島のゴミ問題はとても深刻です。
せめて自分の家の中で出す様々なゴミは少なくしたいと思い努力はしていますが......。
************************************************************************
ちょうど我が家のバナナが食べごろを迎えたので、今日、収穫しました。
家の敷地の中で育った食べ物というのは良いエネルギーが巡るといいます。
アボカドの大きな木も1年に一度、沢山の実をつけてくれます。
大地と太陽と雨の恵みに感謝。
36329980_10205025005661921_28611876
いつも家のことを手伝ってくれているカデ夫妻。
獲れた沢山のバナナはカデのファミリーや大家さんと分け合います。
*******************************************************************
シンプルな暮らしの蓄積が私にもたらすものの本当の答えや意味がわかるのは今ではなく未来のように思う。
でも今が繋がっていくのだからやっぱり今に意味があるのだろう。
のんびり過ぎていく日々も、ひたすら忙しい日々も、思い通りにいかない!が続く日々も、ワクワクが続く日々も。。。。
いろんな日々があっていろんな価値観や考え方があって。
柔軟と成り行きと誠実と信頼と。
   いろんな日々が未来の幸せに繋がりますように。
     バリ島ウブドより 6月28日 PURNAMA(満月)
 

|

« 夢の途中(scene 2) | トップページ | 夏の日本での音楽活動の前に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夢の途中(scene 2) | トップページ | 夏の日本での音楽活動の前に »