« Summer Noodle | トップページ | have to の呪縛 »

2022年8月25日 (木)

不食の鯉

新居に住み始めてから3ヶ月近く。

このVillaに住む条件のひとつ、鯉のエサやり。

エサ代は1ヶ月でRp40000(約380円)

11匹の中でお気に入りの子(?)には名前までつけているワタクシは3ヶ月ですっかり鯉を可愛いと思うレベルに達している(笑)

79bc6126162f452da928412182e44727

朝と夕の餌やりはささやかな楽しみ。

まあるい口を開けてパクパクパクと食べる鯉ちゃんたちを見るのは幸せなのである。

さて、本題の「不食の鯉」であるが、いつもひっそり影をひそめて生きているダークグレーで一部だけ赤い小さい子がいる。

決して上の方には上がってこないでいつも水槽の下、しかも奥の方にいる。名前は「シンカイ」

このシンカイが餌をパクッと食べるところを一度も見たことがない。

「シンカーイ、ゴハン食べんかーい!」と言っても梨の礫(←当たり前)

みんなが食べ残した餌がふやけて沈んでいったのを食べているのかもしれないし、

プランクトンを食べているのかもしれないし、ひょっとしたら

エネルギーに満ち溢れていて、インドのサドゥーかヨーギの如く不食でも生き続けることができるのかも。

食というのは生命の質と非常に関係が深い。

現代人の病の根源は食だと私は捉えている。

糖分、添加物、化学調味料、そして過食と偏食。

やっぱりシンカイは「悟ってる鯉」なのかもしれない。

| |

« Summer Noodle | トップページ | have to の呪縛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Summer Noodle | トップページ | have to の呪縛 »