« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2023年6月30日 (金)

Night in DPS

デンパサールの芸術大学(ISI)の学生の卒業試験の演奏にヘルプ参加。

今日はその為のリハーサル。

Batakのトラディショナルとコンテンポラリーをミックスした作曲で、

かなりトリッキー。基本は5拍子なのだが、油断すると見失う。

キーパーソンはずっと同じパターンのリズムを打ってくれている彼で、

もし彼が一度でもリズムを外せば、たぶん私は「落ちる」であろう(笑)

インドネシアの若き音楽家達はとても才能豊かであり、同時に民族性がとても強く、

今回の作品も、その民族性が強く現れていて、素晴らしい。

C533c3743cfd4b74a3fdf9d3ff09dad6

帰り道、たこ焼きの屋台で夜食を買って帰った。

5個入りでRp15000(150円)

076d0d4f1b80494fa07475b74ed1d0b1

いろんな音楽、いろんなミュージシャン、いろんな出会いに感謝。

| | | コメント (0)

2023年6月29日 (木)

音楽は幸せと想い出を運んでくる

Gen X Quartetでのコンサート2回目@Kuti3 Japnese Restaurant

沢山のお客様に音楽をお楽しみいただけて、幸せでした。

144bc35f2e7f43eca9381be0d8f59042

日本のお寿司屋さん!?と見紛うほどのハイクオリティ。

7c098f29c581459c80402aa96f89ac02

終演後、みんなで美味しくお寿司や和食を戴きました。

Dolly君は、以前、どこかで食べた寿司が生臭く、それ以来、生魚はトラウマだったよう

だけど、こちらのお店のお寿司はとても美味しい!と。

Andreの娘ちゃんは、美味しい物をよく知っているようで「アタシいくら握りと海老の天ぷら!」(笑)

Fdb9acbe3daf409da45024e4b5b110a9

 

5634a670b29e4dfa84b7d520056e3524

アンコールでG線上のアリアを演奏したのだが、亡き森さんと旅したイタリアの教会で演奏した

時のことを想い出した。

こちらがその時の映像。

https://youtu.be/l-Ck_uGsMGM

家に帰り着くと、駐車場でカエルが私の帰りを待っていた。

ホントに解りやすく出現してくるのね(笑)

| | | コメント (0)

2023年6月28日 (水)

Duo recording

いつかトライしてみたいと思っていたDarubka Player・JamalとのDuo Recordingが

「なりゆき」で実現された。

スタジオのボス、Mr,PotatoとアシスタントのDennyが最高のサウンドで撮ってくれて、感謝!

ボスのプロデュースでtomocaのNewアルバムを作ろうか、、ということになり、今日のセッションテイクも

多分アルバムに入るかなぁ。。。

最近、色々となりゆきの波に乗り続けている。

Deebcb142a6b4257a1cd773e203ce3ee

JamalモデルのDarubka

402dcb9a1d5e462d89c56e2db6754f26

ラスト1曲は、アタイの近年のオハコ(十八番)曲でもある「中央アジアのラブソング」をRiqとDuoで。

C3ec9cbb3a994272b2f155641b263bb9

レコーディングというのは、その場のバイブレーションが全て「音」に顕現されてしまう

ある意味とーっても怖く、ある意味とーっても刺激的、な作業である。

そして大体において、1stテイクが一番新鮮である。

そして、やればやるほど、自分の未熟さを痛感するのも然り。

まだまだ、鍛錬が足りないなぁと思う訳で、日々精進すべし。。。

レコーディングを終えて、またもや皆でくだらん話をしながら酒盛りしてしまった。

今日はGoogle翻訳を駆使して、英語→日本語発音のお遊び(笑)

感謝と共に。

| | | コメント (0)

2023年6月27日 (火)

Want to be Photogenic

私は何を隠そう、写真恐怖症である。

2歳くらいの頃、写真館に連れていかれて、黒く大きなカメラレンズがとても怖くて泣きまくったのを覚えている。

子供の頃から「トモちゃんはいつも写真映りが悪いよねぇ」と家族からも言われていたし、

とにかく写真を撮られるのが未だに苦手である。

コンサートやライブの時にはTiffany姐さんのパートナーのDavidが写真を撮ってくれるのだが

私が写真嫌いなのを理解しているようで、こっそり撮ってくれた写真がこちら。

742e24f66bbb4f76a6c95e8f61260953

Gen X Qurartet。 みんな顔が濃くて羨ましいなぁ。。。

6b7e054bac274aec896c71bd099519ba

不意にカメラを向けられて、ぶりっ子ちゃんポーズ(笑)

6c3399fbf913451593aca0a0c300137b

来世は絶世の美女として生まれてスーパーモデルにでもなろうかなぁ(笑)

| | | コメント (0)

2023年6月26日 (月)

光合成必須

複数の音楽プロジェクトが同時進行中で、曲のアレンジなどで、ちょっと煮詰まり気味。

こんな時は気分転換のビーチ日サロに限る!

いつもより早起きできたので、午前中の燦々の太陽を浴びに。

8aed00888a4242c4bf14e8872b66a3ec

やはりビーチで光合成してダラーんとしていると身体も頭の中も相当リラックスするようで、

曲アレンジのアイディアがまとまりブラッシュアップ。

暑さと日光が弱い人にとっては、炎天下の日サロなぞ、地獄そのものだと思うが、私にとっては天国。

かくいう私も10年ほど前までは極度の日光アレルギーだったのだけど(笑)

239c5e314a594b93b8070a3a50957924

今週はレコーディングとライブが続く。

頑張って1週間、乗りきろう!

日本帰国までもうすぐ!!

| | | コメント (0)

2023年6月25日 (日)

MANDALA 復活

頑固なおじさまバトルユニットMANDALAが4年ぶりに再結成!

毎年6月にUSからBALIにWorkShop訪れるダラブッカ奏者Jamal&インディアンパーカッションのSriji.

バリ島在住のウード奏者Anello&私の4人の異ジャンルのミュージシャンユニットは8年ほど前に結成。

今までにこのユニットでウブドでのライブの他、毎年デンパサールで開催される

アートフェスへの出演や、ジャカルタ、スマトラでのミュージックフェスにも出演してきた。

今回は、皆の共通の友人であるJaneさんのオーガナイズで二人がUSへ帰る直前に、

コンサートを開催する事に。

とにかく、おじさん達のパワーに呑み込まれぬよう、アタイ頑張る(笑)

E5273745ab8f41e7b3079cec13ed6a90

| | | コメント (0)

2023年6月24日 (土)

オ・ト・ナのカルテット

カメレオンアンサンブルは現在は最大8人編成のアンサンブルグループで、

当初に比べればだいぶサウンドも纏まってきた。

とはいえ、Tiffanyと私を除けば、他のメンバーは20代で、技術・音楽性共にまだとても幼い。

若手育成という想いもあり活動を継続している訳だが、このたび

ストレスフリーの「オトナチームカルテットやろーぜー」という事に。

実はこのオトナチーム男子2名も元はカメレオンメンバーだったのだが、諸々の事情で脱退。

今日は、Gen X Quartet結成して初の演奏。

C2ac03a572974c06a9351de7ded2ee2f

下の写真は、前回のリハーサル時に撮ったもので、私、ほぼノーメイクだったのもあり、

顔の濃いインドネシア人に囲まれてしまうと、大和人特有の「顔の薄さ」が増長(笑)

6a383e107354405094faf913ff76002e

今日の衣装の水玉ドレスは10年以上前に日本のZARAで買ったもので、久しぶりに着てみた。

ちなみに、椅子の高さがちょっと高くて、私の脚の長さでは相当前に座って足が浮きそうになり、

何度かお尻が椅子から落ちそうに(笑)

1528a74539e24f05b5aa693cd8ba6217

オトナカルテットは流石にGood Vibes!

Andre編曲のインドネシアの有名曲、Bengawan Soloが、なかなかに面白く良いアレンジで感心。

やっぱり生粋のインドネシア人なのねー!というテイスト。

その他の小品はTiffany姐さんによるアレンジ。

終演後、みんなで賄いの食事とビールを戴きながら、オトナカルテットデビューの夜は、楽しく更けていったのである。

| | | コメント (0)

2023年6月23日 (金)

毎日が慌ただしい

バリに暮らしてからこんな慌ただしい日々が続いたことはない、

というくらいに慌ただしく、1日が過ぎ去る。

仕事関連のみならず、ワンコ達の世話もある。

帰国まで2週間と少し。

あー〜ー!リードも作らなあかん!

ライブとレコーディングもあと何本かずつある。

落ち着いて着地しなければ。。。

先ずは、明日のレストランコンサート。

リードも巻き巻きしなくちゃ。

あー、1日が30時間あればいいのになぁ。。。

 

| | | コメント (0)

2023年6月22日 (木)

引き寄せちゃった日

ついにやってきた恐怖のボーカルレコーディングの日。

先週1stトライのレコーディング音源を聞き、あまりの下手さに恥ずかしくなり、沢山のイメトレをして臨んだのである。

なんとか録り終え、イントロ&アウトロのオーボエを録り終わり、

ご褒美に、とスタジオのボスが「飲む?」とリキュールの瓶を持ってきたのだが、コレはまさに、

午前中に知人と電話で話していたフランスのリキュールPASTISではないですか!!

凄いなぁ、引き寄せの法則(笑)

日々の晩酌を愛する私にバッカスの神からのプレゼント。

やっぱり神様っているのねー(笑)

E6355e19b27245088ad45f28f7028fdf

調子にのって4杯も飲み、すっかりご機嫌さん。

041c6cba71b64ad4a396d7cca7f0d97c

酔った勢いで、最後に1テイク録った。

結果的には酒の力を借りるのが早かったらしい。

歌は演技、とはよく言うけれど実は私はとてもシャイなので、シラフで歌うなんぞ

無謀だということに、ようやく気付いた次第。

オーボエ吹いてる時は全然恥ずかしくないんだけどなぁ(笑)

ということで、ついにボーカルデビューinバリ島 to All over the World!

全世界のヨガピーポーに向けてリリースするらしい。

世界で大ヒットして有名になっちゃうかもねー!?

アタイのサインが欲しかったら今のうちにww

| | | コメント (1)

2023年6月21日 (水)

Good vibes in Winter solstice

本日、南半球は冬至。

エネルギーが動き巡っていることを体感。

この地球に暮らす波動生命体の全ては、調和と不調和を繰り返すが、

自らの波動を認識し整えることができるのは人間だけだろう。

69d84e5413c247df87c692223a0300fc

打ち合わせを兼ねてのお寿司ランチ。

寿司を握って30年!というバリ人が握った寿司は、日本で食べる寿司と

遜色なしに美味しかった。

近年、寿司ブームのバリ島だが、店によってクオリティはピンキリ。

打ち合わせを終えてから、ビーチ沿いで素敵なミーティング。

35bd10e54fd942d68a08bfd7c7aa22d7

出会いや起きる事象はタイミングと必然で、自らの行動と波動によって引き起こされる。

日々を感謝とともに。

Happy 冬至day!

 

| | | コメント (0)

2023年6月20日 (火)

禁断のパダン飯

朝から晴天!の本日。

午前中に3匹ワンコ達のシャンプーをやっつける。

シャワーをしてからいつものパダン飯屋へ。

最近は忙しいこともあるが、すっかり自炊熱が冷めてしまって、パダンやナシチャンプル

の割合が多い。

とにかく安い、旨い、早い!のパダン飯は禁断の味。

0d2fea63a1d94bac95421c679ef2c27f

リモート撮影の打ち合わせを終えてから、久々に夕刻のドラフトビール。

A8586df9ca9541d19ba0b75728cbab68

暑い熱い日本の夏が待ち遠しい!

| | | コメント (0)

2023年6月19日 (月)

妖怪タライ男

タライを鳴らしながら売り歩くおじさんを発見。

F71eab4b21f84118ba9e09d669b2333c

売れたかなぁ??

69c01e03411946068c63637af008851b

| | | コメント (0)

月のない夜に

6月の新月。

エネルギーのリセット、クリア、上昇、循環、解放。

感謝とPowerが満ちていくこの気持ちのよい感覚を久しぶりに味わっている。

幸せは自分の中に。

そして自らが発するPowerと波動で自らを満たし、それを外へと還元していく。

幸せな夜にありがとう。

| | | コメント (0)

2023年6月17日 (土)

Casual Concert in Warung Okinawa

クタの日本食人気店、ワルン沖縄にてカメレオンアンサンブルのコンサート。

店のオーナーのカズさんと1週間前に呑みながらの話で勢いで急遽、決まったコンサート。

日本でもバリでも集客というのはとても大変なのだが、満席の大盛況!

今は乾季で雨の心配が無いことも味方して、遠くはウブドからの友人、知人も来てくれた。

普段、クラシック音楽や生音での音楽をあまり聴く機会のないみなさんに、カジュアルに

音楽を楽しんでもらえたら、というコンセプトで企画。

39f2da1958f64eb0924ea2467bd6d374

居酒屋でマルチェロ、てかなりレア。

後ろの看板の「カツサンド」が良い感じ(笑)

5b0b3332d69b4e03b60dc17ad4c3578d

チェロのFunnyとRita、6月生まれのコマン君も合わせて、29歳トリオの誕生日を祝った。

終演後はみんなで美味しい食事を楽しく戴き楽しい夜。

酔ったTifanny姐さんから「あーた達、音楽に色気がないのよ。恋愛しなさーい」と絡まれた若者達(笑)

まぁね、、、確かにね、、、色気はないな、みんな。。。

音楽に限らず、パフォーマンスというのはエネルギー、波動、雰囲気、匂い、感情、そういうものが混ざり合い

表現されたものが人に伝わる至ってシンプルなもの。

日々がチャレンジで、日々が積み重ねで、日々が遊びでもある。

7cd95f5f8eaf45978ac23ad8b670b7b3

| | | コメント (0)

2023年6月16日 (金)

Child is born

本日、無事に産まれました!元気な男の子!

って、私が産んだのではありません(笑)

昨年12月に結婚したカデの長男、ワヤンの子供。

カデ夫妻は私より若いが、初孫誕生であーる!

ともあれ おめでとう おめでとう!!

出産経験ゼロの私からすれば、全ての母は偉大である!

スクスク健康に育ちますように。

B80abf10e42846d5895476ad2093f674

| | | コメント (0)

2023年6月15日 (木)

我らがアジト

晴天が続く乾季のバリ島。

青空の誘惑に勝てず、ご近所友達のKと我らがアジトのプールサイドでまったりの午後。

ソフトドリンク1杯で数時間を過ごせてしまう我らがアジト最高!

043e7e7b39b8421bbcf7199dc44c8583

凧揚げのシーズン。

739eedb961e2430b8ebc205c17b6da15

たまには息抜きも必要であーる。

リフレッシュして、夕方からの練習も調子良くいい感じ。

明日は青空の誘惑に負けずに、リード作りに励む!と今から宣言しておく(笑)

| | | コメント (0)

2023年6月14日 (水)

もうすぐ父の日

♫トイレでタバコは吸わないで〜 って曲があったようななかったような、、、。

子供の頃、父がトイレの中でタバコを吸うのが本当に嫌だった。

いつも母と私から文句を言われていた父。。。。

今ならわかる、父の気持ちが(笑)

もうすぐ父の日。

念願だった天国で、綺麗な姉ちゃんに囲まれて酒を呑んでいるんだろうか。

みなさま、親孝行は親が生きているうちにどうぞ!!!

4db76956b0e745c6bd105168208671a5

| | | コメント (0)

2023年6月13日 (火)

歌録り初体験

なるようになるさーって事で臨んだボーカル録音。

自分の声の”幼さ”に笑うしかなく(笑)

イメージと憧れはジャニスとか、エイミーとか、日本の歌手なら葛城ユキとか、

ハスキーヴォイスに憧れ、毎日飲酒も喫煙も頑張っているのだが(笑)

人生初の歌録りはちょっとだけ楽しかったけど、とても世に出せるクオリティーではなく

また後日に再トライ。

Ae23928f4c634bb39914f1fc8d1f5f34

録音後、テラスでスタジオのボスと飲んでいたら、ギターを抱えたおじさんが登場。

80年代からバリに住んでいる、というアーティストのLeeさん。

私は水を得た魚のように、オーボエで楽しくセッション参加。

歌と違ってオーボエは自由に遊べるから全然楽しいなぁ、と比較にならない比較をしてみる(笑)

Leeさんが持ってきたCAOL ILAをご馳走になり、すっかりご機嫌さんのワタクシ。

6488d21a66134937b2bcb8730934a96d

| | | コメント (0)

2023年6月12日 (月)

長い1日

本日は、新カルテットグループのリハーサル。

意外にもみんな譜面の初見に強くて関心スカリ。

夜のリハーサルまで時間が空いたので、遅めのランチをしてから「バリ島の不二家」

と勝手に名付けているカキアンカフェで時間潰し。

潰しと言いつつ、譜面のチェックなど色々しているうちに夕方に。

デンパサールの芸術大学(ISI)で学生の作曲卒業試験演奏にヘルプ参加の為リハーサル。

バタック音楽をモティーフにした5拍子ポリリズムの大変マニアックな曲。

21時を過ぎても校舎からは合唱や楽器の練習音が聴こえてきて、

ふと、自分の学生時代の感覚がフラッシュバック!

Feaf212021044a94a109c1110e2e8289

帰り道、夜の屋台(センゴール)でROTI BAKARを買い物。

パンの間に好みの味のクリームを塗って焼いてくれる。Rp15000/約140円)也。

46fa95dc33c947e0bee8899320929e0d

久しぶりに屋台のBAKSOスープなぞ。こちらもRp15000也。

92d8fc43b66c47ad9fe6036c6e316d9a

長い1日だったなぁ。。。

| | | コメント (0)

2023年6月11日 (日)

Music is Power

今年もUSからの若者達がバリに3週間ほど滞在してバリのダンスや音楽、そして文化を

体験するというワークショップ最終日のコンサートにお呼ばれ。

車座になり、みんなで一緒に音楽。

JamalとSrijiと1年ぶりに再会。

46db48c32ebc4390b5ff5505aa461908

Srijiのお嬢さんはインドダンスをソロで披露。

5ea94fe20d5049618e6d203f47e91718

17名の生徒さん達がダンスや音楽を披露。

皆がそれぞれに素晴らしく、村の子供達のKUPU KUPU DANCEや

バロンも登場したりと、盛り沢山のコンサート。

6d635cf4a5364145a24c9a26e622ccde

音楽は目には見えないけど、やっぱり凄いパワーがあるんだなぁ、と改めて実感した一夜。

様々なパフォーマンスから沢山のエネルギーを貰った夜。

| | | コメント (0)

2023年6月10日 (土)

Happy Saturday!

田園風景を上から眺める夕刻。

こういう風景や時間が日常にある生活、なんという贅沢だろう。

91de3538fb1c4d9693cc35946cca6375

トーク番組の収録が終わり、ナビゲーターのTさんと夕食。

滅多に頼まないカワイイカクテルをバカンス気分で。

80ee764adb68446cbca37cb82424bcac

| | | コメント (0)

2023年6月 9日 (金)

ウルワツの丘

カルテットアンサンブルのリハーサルで、イギリス人バイオリニストのCさんの自宅へ。

ウルワツの丘を一望できる3階建の瀟洒なVilla.

普段、Tiffany姉さんのめっちゃクリアで聞き取りやすいアメリカンイングリッシュに慣れているせいなのか、

Cさんの英語を殆ど理解できず(笑)しかも、めっちゃ早口(笑)

Dbe8e977c1da4361bc5f8a51530bd465

夕方にリハーサルを終えてから、クタの友人のワルンへ。

久しぶりに楽しく美味しくワイワイ飲んで食べて。。。

ウルワツもクタも、バイクでビューン!とすっかり近く感じるようになってしまった。

慣れって凄い。

| | | コメント (0)

2023年6月 8日 (木)

暮らしのパターン

今日も午前中にワンコ達の肉野菜スープの仕込み。

大鍋で作り約5日分。

今日のランチも家から徒歩3分・バイクで1分のジャワワルンのナシチャンプルをブンクス(持ち帰り)

このワルンの女将は最近、本気を出してきたようで、おかずの種類が増えた。

やはり美味しい店はみんなへの情報伝達が早くて、お昼時に行くと

店頭に並んでいる人気のおかずは既に残り少なくなっている。

今日は、Nyat-Nyat(白身魚の揚げ煮)があったので試してみたが、これが絶妙な味付け。

午後からは大抵スタジオに入り、曲のアレンジやリードつくりなど。

自分の心地よいペースで日々を送れるという幸福感を最近、改めて感じている。

作業の合間のコーヒーブレイクは犬達と戯れながら。

日本への帰国まであと1ヶ月。

やらなければならないことがまだまだあって、あっという間にひと月が過ぎてしまいそう。

あたふたあたふた。。。。

| | | コメント (0)

2023年6月 7日 (水)

今日もコツコツ

今日も今日とてコツコツリード作り。

結局、日本に居ようがパラダイスの南国にいようが、世界のどこにいてもオーボエ奏者である限り、

リード作りからは逃れられない(笑)

このマシーンは巻いたリードを削る機械で、新品で買うとなんと約30万円。

ちなみに、私は20年ほど前に中古で半額ほどで入手。

更にガウジングマシーン(25万円くらい)シェーピングマシーン(17万くらい)

その他細々したものを揃えるとトータルで80万円を超える。

完成リードは1本3000円前後だから、長いオーボエ人生を計算?すれば、

全然、元は取れるわけではあるが(笑)

とにかく、つべこべ言わずに、今日も今日とてコツコツ作るわけであーる。

F16c6f2131f24888bf6d3ee306f8a394

| | | コメント (0)

2023年6月 6日 (火)

My favorite snack in Bali

BELINJO・フィナウンピンと呼ばれるこのスナック。

ほろ苦い味が妙にクセになる美味しさ。

東南アジア諸国にあるグネメツという植物の種から作られているこのスナック。

バリの家庭で作られたものをおすそ分けで頂いたのだが、今まで食べたものの中で

一番美味しかった!感動。

種を潰して揚げるだけのシンプルスナック。

作り方はこちら→https://youtu.be/m6K5vkVsZGs

インドネシア語だけど、見てるだけでも楽しいよ!

F7d04d8b9b5a4a0e804ac3f1770c1a21

| | | コメント (0)

2023年6月 5日 (月)

コツコツ

今日も今日とてリード作り。コツコツちゃん、基本マジメちゃん。

特に巻きの作業中は手先は慣れていて頭の中はフリーなので

曲のアレンジを練るのにもってこいの時間。

4c91b681618246fe91add0d92377370a

昨日、作詞作業を終えた歌詞を再度練り直したり。。。

やるべき事=やりたい事に専念できるということは幸せなこと。

来月からの日本帰国前に、リードのストックも整えておきたいし、譜面の準備などなど。

あー、その前に先ずは歌手デビューのレコーディング(笑)

| | | コメント (0)

2023年6月 4日 (日)

歌手デビューへのプロセス

先週、録音スタジオのボスでありプロデューサーから頼まれた仕事はまず、英語の歌詞を日本語に訳すこと。

訳自体は翻訳ソフトもあるし、最近話題のCatGTPを早速使ってみたのだが、

もちろん、このままでは使えない。

というのは、訳した日本語を更にメロディーに合うSyllableに整えなくてはならない。

こうして毎日Blogを書いているくらいだから、まぁ、文章力自体はあまり弱くはない。

そういえば、小学生の頃から大学生の頃まで毎日欠かさず日記を書いていた。

捨てずにとっておけばよかったかなぁ、、とも今になって少し思う。

昔の自分が何を想い何をしていたのか、、タイムマシーンならぬタイムダイアリー!

話を戻して。。。クライアントからの要望が結構細かくて

俳句的な韻をふんで欲しいとか、哲学的な雰囲気に、、とか。。

ということで、結構、楽しみながら作詞ワークは終えたのである。

880db7c1cef149ec9193b34e8d38e4ea

ここから先が難関。

歌うのである(笑)ワタシが!!!!

カラオケ音源に合わせて歌い、録音して聴いてみたが、あまりの下手さに爆笑。

いや、笑ってる場合ではないのであーる。

いちおう恥ずかしくないくらいには仕上げなければならない。

昔々、オーボエ初心者だった頃、自分の演奏を録音して聴き、下手さに愕然とし恥ずかしくなった

感覚を思い出しているのであーる。

とりあえず、音程はとれる(当たり前)がその先が問題なのであーる。

という訳で、お歌の練習に明け暮れた日曜日。

| | | コメント (0)

2023年6月 3日 (土)

満月の夜のケチャ

約20年ぶりに復活したという噂のBona村のケチャダンス。

観光客向けのケチャといえば、ウルワツ寺院でのケチャが有名。

ウブドやその他の場所でもケチャ公演は行われているが、基本観光客に向けた公演の為、

途中で英語のパフォーマンスが入ったり、ハヌマーンの演者がお客に絡んだりというサービスもあるのだが、

Bona村のケチャは、観光客の為の公演ではなく、村の芸能の伝承と発展を祈念して再開されたとのことで、

なかなか渋い構成。

ウブドなんかだとメンバーの中にもの凄く顔立ちの良いイケメンが居たりもするのだが(笑)Bona村の中高年の男性は

朴訥として田舎の村の普通のおじちゃん達が団結して演じるケチャ。

そしてこの大人の男性達が童心にかえる、そんな時間でもある。

村の子供達も続々とやってきてはキャッキャ言いながら楽しそうに観ている。

F666b939a6314b3ea2480163a68499d5

A596a1a56e164513b69e5d8b875b1723

クライマックスは馬に跨った男性が火を蹴散らすファイアーダンス。

熱い熱い!見てるだけで足の裏が熱くなる。

F5d47d18dd414b4681cafefd10958fcb

人々が集い、観て聴いて、楽しみ、感じる。

これは人間ならではの行為。

E8318ad6bd7c4198bbae77b248bee062

私がバリ島に興味を抱いたきっかけは紛れもない、このケチャという音楽。

小学生の時の音楽の授業の「世界の音楽」でケチャの映像を観て大きな衝撃を受け、大人になったらバリ島へ行って観てみたい!と。

初めてバリに来た20年前、毎晩のようにケチャやバリ舞踊を観に行った。

私とバリを繋いだケチャ。

満月の夜、ケチャに浸りバリ島に改めての感謝と畏敬を抱く。

| | | コメント (0)

2023年6月 2日 (金)

バリユースオーケストラコンサート

バリユースオーケストラのファーストコンサートが盛況に終了した。

中学、高校、大学生によるユースオーケストラ。

助っ人に何名かの大人のプレイヤーが加わり、みんなが音楽を通じて一つに溶け合った。

F4f5592e14e444caaafda66a1df2f6b9

E9f5129998824d6795dcc2427e8d673b

オーケストラを指導してきたアンドレに拍手。

そして、スタッフとして色々尽力してくださった保護者の皆様や教員の皆様などにも感謝。

コンサートはスタッフさん無しでは成立しないのである。

バリ島に暮らし、バイオリンをはじめとするクラシック楽器で音楽を学んでいる人達は、かなりの富裕層だ。

どうりで、みんなお育ちの良さそうな顔つきをしている(笑)

今日の会場は響きが良いとは決して言えない場所だったが、そういう場所でもしっかり響かせるのが

本当のプロフェッショナルであ〜る(偉そうにw)

数年前の私なら、今日のような会場で演奏したらパワーが無くショボくなってしまったのだろうけど、

アンサンブルグループでの活動、そして昨年のバンドゥンでのオーケストラ参加もあり、

以前より楽器をフルに鳴らす習慣がついているのがよかった。

音楽は平和で、柔らかく、優しくて、まろやかだ。

みんなと共に音楽をできたことに感謝。

| | | コメント (0)

2023年6月 1日 (木)

音楽いろいろ

明日のコンサートの為のゲネプロリハーサル。

各曲のソリストも参加。

今回私は「シンドラーのリスト」のテーマ曲のソリストとして参加する。

本来はバイオリンの為のアレンジなのだが、オーボエらしさを生かした解釈で。

明日の本番がとても楽しみ。

C2e4a7baff8e4adb96c9df657a637216

デンパサールでのリハを終えて、マスのスタジオへ打ち合わせ兼飲み会。

またまたヨガ系?ミュージシャンからの依頼プロジェクトらしいのだが、

今回はオーボエだけではなくボーカルも担当することになりそうな気配。

オーボエならどんな曲でも饒舌に歌えるのに、歌になると途端に恥ずかしくなってしまう。

っていうか、ホントに歌うの?大丈夫かなぁ(笑)

| | | コメント (0)

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »