日記・コラム・つぶやき

2023年12月31日 (日)

Good bye 2023

今年は真冬と真夏の2度、日本へ帰国してコロナ騒動で中断した3年間の日本での音楽活動を再開。

特に、夏は池田昭子さんとの「異ジャンルオーボエ競演」があり、富樫さんとツアーに出て各地で沢山の方にお聴き頂き、

懐かしい知人との再会、名古屋では山本直人さんユニットとの「異ジャンルオーボエ競演」。

その他、八ヶ岳でのコンサートや、アラブロックバンドへの参戦など、スケジュールぎっしりの夏。

そして、母の故郷であり、私の出生地である富山を一緒に訪れた愛しい想い出。

9月のバリに戻ってきてからは、日本での激動に対する燃え尽き症候群のような感覚に陥りながらも、

ベトナムへの小旅行、10月はスマトラでの音楽フェスという感じで月日は流れ、今日で2023年のFINE.

Cd56db05fee6431cb113a2a515e3be3f

個人的には、己の感情を俯瞰する事を学び、我が人生における「筋と自由と孤独」を再認識した一年でもあった。

2021年の3月のバリ島新年ニュピの日から「毎日DIARY」として、1日足りとも欠かさず綴ってきたこのBlogですが

毎日DIARYとしては今日が最後。毎日読んで下さったみなさま、ありがとうございました。

来年からは「ときどきDIARY」として更新していきます。

爆竹の破裂音と花火の音が響き渡る、情緒のないバリ島の大晦日に身を置きながら

日本の年末年始を恋しく思っています。

Happy New Year! Thank you for 2023!

| | | コメント (1)

2023年12月25日 (月)

クリスマスって?

南国バリ島のクリスマスは、普通の日。

サンタクロースの存在も信じていなかった冷めた子供時代だったが、それでも

クリスマスの夜にはローストチキンやケーキを食べたり、と普通に恵まれた環境ではあった。

バリ島生活が長くなって、すっかり日本のクリスマスシーズンの雰囲気を忘れてしまったなぁ。

 

| | | コメント (0)

2023年12月18日 (月)

ワン!だフルライフ

1年前の今日、爆竹の音にパニックになったオームが竹の扉から飛び出して走って行き、迷子になった迷子記念日。

感動の発見Blogはコチラ http://tomoca.cocolog-nifty.com/blog/2022/12/post-0b4b5c.html

7c0ac73f020f4e37b635a44a2858239f

最近は甘えっぷりが凄い。皮膚のトラブルもあって、私が甲斐甲斐しく?優しくするから余計に

甘えてくるのかもしれないが、とにかくオッさん犬でもやっぱり可愛いのである(笑)

D8e165af6bb54a7683b58d962998f49d

近所でMoovieNightがあるという友人からの情報で、是枝監督初期作品「ワンダフルライフ」を鑑賞。

今まで生きて来た人生の中の一つだけの想い出を選ぶというなかなかに斜め哲学的な作品。

観ながら考えるという感じの珍しい作品だった。

過去というのは少なからず自分の都合の良いように脚色されていくものでもある。

生きている以上「今」以降は全て過去である。

そして人は「過去に生きる」のではなく「未来に生きる」のでもなく「今」を生きている。

「過去が未来を作る」とか「人生における点と点論理」みたいなことはもちろんあり得るのだが、兎にも角にも

日々の大小のモノゴトは選択の繰り返し。

一度切りの現生、熱く楽しくそして穏やかに生き切りたい。

9e2765e0a821469db0494a739ad66d2a

本日もワン!だフルな1日をありがとう。感謝。

| | | コメント (0)

2023年12月11日 (月)

達成感

今日の夕刻は清楚な夕空。

Cfb796cac6244181a3823b6bdb9df657

難航していた曲のアレンジがようやく終わり、達成感。よく頑張りました、自分!

| | | コメント (0)

2023年12月 9日 (土)

甘え上手

我が家の一人娘のパン子は絶妙な甘え上手。

オームとモカの居ない隙を見計らって、私におねだりをしてくる。

そのおねだりの仕方が厚かましくない。つまり、とても賢いのである。

もちろんモカ(母)とオーム(父)も私にとっては平等に可愛いのだが、

モカはある意味では相棒であり、オームは身体は大きいが甘えん坊だけどいざという時には頼りになる男子。

そして、パン子は永遠の子供、という感じ。

218beb000b754b2caf48493de64d7081

最近、初音ミクと結婚した男性に関する動画をネットで見てギョッとした。

バーチャルなキャラクターの「人形」と結婚式を挙げて暮らしているのである。

車椅子に載せてレストランへ行ったり。。まぁ、本人が幸せならそれでよし。流行りの多様性か。。。うーん。

とはいえ、犬と日々会話しながら生活している私も同じ穴のムジナか(笑)

解りあえないニンゲンと暮らし、啀みあったりストレス溜めるくらいなら、パートナーが人形であろうが動物であろうが

心穏やかで楽しい日々が一番の幸せなのかもしれない。

心から信頼し解りあえるパートナーは異性のニンゲンでなくてはならない、という考え方は

もはや化石のような思考になりつつあるのかもしれない。。。なんて。。。。知らんけど。。。

| | | コメント (0)

2023年12月 7日 (木)

波動

この数日、なんとなく気分が上がらず、練習もサボり気味だったのだが、今日はなんとか

スタジオからのピンク色の夕空に少し気分が踊り、ルーティーンの21時まで練習。

53a4297ddd0c4a9581946a4dc7a8aaac

なんだかんだ言ってもやっぱり練習の後のビールは美味しいのである。

美味しいビールが飲みたい為に練習をするのか、練習をしたからビールが美味しいのか。。。

両方正解(笑)

9eebbb5bd1c44d1bb345f0f35fa84efe

最近、波動を研究&実践している。

犬達は波動研究において、非常にわかりやすい反応を示す。

そして今夜も思いっきり甘えてくるホスト犬。

枝豆の皮をヒョイ!と投げる度に見事にキャッチする生きてるコンポスト。

今日も一日、お疲れさまでした。

| | | コメント (0)

2023年12月 4日 (月)

月曜日のささやかな楽しみ

月曜日、アンサンブルのリハーサルを終えた後「どこでランチしようかなぁ?」と

いうのがささやかな楽しみ。

帰路の途中にあるオーガニック食材店で、野菜とオーガニック米を購入してから、

久しぶりにチャイニーズワルンへ。

いつも何にしようかとても迷うのだが、今日「も」チャプチャイナシゴレン。

野菜がたっぷりなのが嬉しい。

Aef89f49933e4d5f861ac744aeab611b

家に着いてからシャワーをして珈琲を淹れて。

今日はリハーサルで結構吹いたので、夜の練習はパス。

料理をしながら音楽聴きながらダラダラ呑みながらつまみながら。。。のながら三昧。

こういう時間は至福なのである。

昨夜、久しぶりに激しいスコールだったバリ島は雨に邪気が払われた感じで

健やかな1週間のスタート。

| | | コメント (0)

2023年12月 3日 (日)

日曜日はおうちごはん

日曜日は掃除のカデも休みで、何となくゆったりな気分。

特別にめでたい事があった訳でもないのだけど、久しぶりにお赤飯を炊いた。

絶妙なタイミングで、ご近所友達のKちゃんから連絡が来て、Kちゃんもお赤飯ランチにありついた。

5f49a1ce433e4e8c9b3dfb7805d52b80

日本から戻って暫くは、すっかり料理をすることが面倒になっていたのだけど、最近、再び料理も楽しみながら再開。

年末年始、美味しいものを作る楽しもうかなぁ。日本のお正月、母の手料理も恋しいけれど。。

| | | コメント (0)

2023年11月25日 (土)

静かな夜

15日毎に巡りくるKajeng Kiliwonの夜は、どことなくいつもの夜と雰囲気が違う。

雰囲気、というか、空気感が違うのである。

霊力、エネルギーが強い日、と言われる夜。

近所のワンコ達も今夜はやけに静かである。

そして満月を2日後に控えた月が雲間から覗いている。

| | | コメント (0)

2023年11月23日 (木)

世界は情報に溺れている

Youtubeで世界中のあらゆる音楽や情報を際限なく視聴できる現代は本当に凄い時代である。

例えば、新しく演奏する曲を勉強したい時は、音大の付属の図書館へ行き、

レコードやCD,若しくはカセットテープで音源を探さなければならなかった私の学生時代と比較すると

夢のような時代である。

音楽に限らず、あらゆるジャンルの情報が瞬時に得られることに本当に凄い時代になった、と今更ながら改めて感じる。

クラシック音楽で言えば、同じ曲を様々な奏者の演奏で聴き比べることは容易であり、これがかなり良い勉強と刺激になる。

様々な名演には淀みがなく、そこに真実があり長さを感じない。

溢れかえるコンテンツの中で、ホンモノを見分け、聞きわける事は非常に難しいことで、

ある意味では審美眼、審美耳、審美感を磨くトレーニングである。

ともすると、溢れかえる情報に溺れそうになる現代だからこそ、不要な情報は排除して

自分にとっての有意義な情報にフォーカスしていきたい、と改めて感じるこの頃。

 

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧